【子育ての悩み】ワーキングマザー・共働き家庭を悩ます「小1の壁」の乗り越え方・対策

小1の壁

もうすぐ冬休みですね。長いお休みはワーキングマザー・共働き家庭にとって悩みの種です。冬休みが終わればもうはや、3学期。2年生になるとまた新たな壁が出て来そうですが、「小1の壁」は何とか乗り越えられそうかな…。

前回、「小1の壁」は思ったよりも低かった。けれど、壁が次々と立ちはだかる と私の感じた壁を紹介しましたが、今回は乗り越えるために事前に準備しておけば良かったことも含め、「小1の壁」対策を考えてみました。

小1の壁の乗り越え方

前回ご紹介した、私の感じた小1の壁です。

  1. 保育園よりも早く終わる学童
  2. プリント地獄
  3. 宿題
  4. お友達とのトラブル
  5. 保護者会は平日の昼間
  6. 長い夏休み

この他に、私は壁として感じていませんでしたが、「幼稚園出身ママとのお付き合い」も小1の壁に入るのかもしれません。

保育園よりも早く終わる学童

学童は保育園より早く終わる場合が多いです。学校近くに職場があれば良いですが、離れているとなかなか最終時間には行けません。

家族の助けがある場合や、一人で帰れる・お留守番ができる場合は我が家のように防犯ブザーを携帯させる、キッズ携帯を契約する、夜道になるべく光るものを身につけるなどの安全対策があります。

一人で帰ってお留守番になる場合は、早くから鍵の開け閉めを教えておきましょう。外から帰って来たときの鍵はもちろんですが、家に入って鍵を閉める事も。長男は鍵を開けることは練習しなくてもスムーズに出来ましたが、時々かけ忘れていました。ご近所付き合いのあるマンションなのでまだ安心ですが、近所付き合いがない場合や一戸建ては心配です。

民間の学童保育

学童の時間より帰宅が遅くなる、少しの時間でも一人にするのは心配な場合は民間の学童保育があります。
長男の保育園のお友達は何人か「東急グループの学童保育 キッズベースキャンプ」に行っています。週5で通うと高額なため週3利用で、残りの2日を学校の学童にするなど工夫して通っています。色々なイベントが催され学校の学童より充実しているようで、子供は民間の学童より楽しんでいるようです。

民間の学童保育は問い合わせると随時、受け付けてくれる所が多いです。人気のある所は春から受付けて早々と締め切ってしまうところもあるのでなるべく早く申し込みしましょう。

キッズベースキャンプでは、年少・年中・年長の未就学の子供ためのキッズベースキャンプの先行入会制度・プレキッズクラブがあります。入会した子が小学生になったとき、各キッズベースキャンプに入会するための入会枠を確保できる制度です。この制度があるという事は、それだけ争奪戦なのかもしれませんね。

ママ友は年明けに申し込み、キャンセル待ち。運良くキャンセルが出たようで入会できたそう。ちなみにキャンセル待ちするには申込金が必要です。キャンセルが出なくても返ってきません。たしか30,000円だったような…。入会できると入会金に充当されるのかな。。

お近くの民間学童保育はこちらから探せます > 学童なび

キッズ携帯

長男にはsoftbankのキッズ携帯を持たせています。docomoやauもありますが、これは保護者の持っているキャリアの携帯がいいでしょう。softbankの場合、白・青・ピンク色があります。青やピンクは人気のようですので、色にこだわるなら早めの契約(予約)をおすすめします。長男は6月に契約したので白しかありませんでした。

いかのおすし

どんなに安全対策してもやはり一番大切なのは子供自身で身を守ることです!
学校でも自宅でも「いかのおすし」を子供に教えています。

「いか」しらない ひとに ついて “いか”ない
「の」しらない ひとの 車に “の”らない
「お」“お”おごえを出す
「す」“す”ぐ にげる
「し」なにか あったら すぐに “し”らせる

プリント地獄

プリントは親に対するものだけでなく、子供のテストなど返却されたものもありそれはそれは大量です。プリント量の多さは慣れてきますが、きちんと管理するためにも保管方法を工夫しましょう。

我が家の保管方法は長くなりますので別の機会に…。

宿題

子供には学童できちんと済ませてくるように、もし出来なかった時は帰宅後すぐにするように言っています。最初は言った通りにできませんでしたが、「宿題は絶対にしなければいけない」「しないと後で自分が困る」ことがようやく分かり、最近では進んでするようになりました。

入学前から、椅子に座ってドリルをしたりしておくとスムーズに宿題が出来そうです。

お友達とのトラブル

これに関しては今でも心配ですが、子供と学校や学童で何をしたか?など会話する時間を持ちましょう。

特に男の子は学校でのことを自分から話さない子が多いようです。長男もこのタイプでしたが、私から「今日の○○では誰と何したの?」「クラスで、学童でいじわるしたり、怒られたりしているお友達いる?」など毎日話しかけていると、「親には学校であったことを話すものなんだ」と思うようになったのか、今では自分から学校であったことを話してくるようになりました。

小学生になると、ズルをすることや嘘をつくことを覚えます。これは子供によって程度はあるのでしょうが、どんなにいい子だと思っていても少なからず芽生えてしまうものです。親子でよく話しをすることで、子供のズルや嘘を見抜いて、ズルをすると・嘘をつくとバレるんだと認識させることも大切です。

保護者会は平日の昼間

これは職場の理解がどのくらいあるかで、決まってしまいます。

私はずっと正社員で働いてきましたが、今は人生で初めて派遣社員になり割切って仕事をしています。子育て優先です。
派遣社員は自分のライフスタイルに合わせて仕事(職場)を選べる素敵な働き方だと思っています。働き方を変えようと思っている方は、派遣も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

> 【働き方】正社員から派遣社員へ。40代にして初めて派遣社員になって感じた特権

>【働き方】派遣社員の特権!30分終業時間を早めるだけでこんなに違うなんて!心も身体も軽くなりました

長い夏休み

夏休みだけでなく、冬休みも春休みも悩みの種です。

夏休みは毎週末に子供の喜ぶ所に遊びに行き、「夏休みって楽しい!」と思えるようにしましたが、冬休みもこれで乗り切る予定です(笑)子供には「今どこに一番行きたい?何したい?」と聞き、叶えるようにしています。ハワイに行きたいとか言われたら無理ですが(汗)

幼稚園出身ママとのお付き合い

これは私は感じていませんが、同じ保育園出身のママ友の話しを聞いていると、クラスによっては大変なようです。
幼稚園出身ママでも気軽にお付き合いできるお母さんもたくさんいます。長男のクラスのお友達ママはそんな感じ。

しかし、中にはドラマに出て来そうな方もいるようで…。

「ご主人何のお仕事されてるの?」
「お住まいのマンションはどちら?」

親しくもない方にこんな風に聞かれると引きますよね。普通聞きませんよね。でもいるようです。それも一人ではなく何人も…。進級が少しこわくなってしまいました(汗)

しかし、これは気にしない。答えたくないことは答える必要はない。と思います。無理にお付き合いしなくても、気の合うお母さんと仲良くできれば十分だと私は思っています。

来年小学校に入学するお子さんをお持ちのご家庭は、1年生の説明会も終わってランドセルも届く頃でしょうか^^「小1の壁」に負けずに頑張ってくださいね!








こちらの記事も合わせて読みたい