共働き子育て中の家庭は、夜ご飯の下ごしらえを朝にすると1日の流れがスムーズに!子供が30分以上早く就寝できる

共働き

私は結婚してからずっと夜ご飯の用意はすべて帰宅後にしてきました。

「朝に用意してるよ〜。」「前の夜にしてるよ〜。」なんて声が身近なところからも聞こえてたけれど、私には無理!私はスーパー主婦には程遠い、ぐーたら主婦です。面倒くさがりで切羽詰まらないと何でも出来ません。なので夜ご飯を早起きして支度しておくなんて無理なんです。

私はいまは派遣社員です。先日、就業先にお願いして終業時間を30分早めてもらって夕方から寝るまでの時間に少しだけ余裕ができました。けれど、まだまだ。もう少し時間に余裕が欲しい。子供をもう少し早く寝かせたい。何とかしたい!

長男は22時20分頃に就寝しています。遅いですよね。

…だったら、夜ご飯の下ごしらえを朝にしてみよう!と一念発起(大げさ)。ぐーたら主婦なりに頑張ってみることにしました。大げさなようだけれど、ぐーたら主婦の私にとっては一大決心です!

こちらが朝の下ごしらえ。

共働き

この日の夜ご飯は豆腐ハンバーグとマカロニサラダ、切り干し大根です。
突然思い立ったため、マカロニと切り干し大根は家にないので帰りに買うことに。出来るところまでの下ごしらえです。帰宅後は豆腐ハンバーグを焼いて、マカロニと野菜を茹でて味付け、切り干し大根を水でもどして煮る。これだけです。

今の季節なら、切り干し大根は煮てしまっても大丈夫ですね。

夜ご飯の下ごしらえを朝してみてどうだったか

いざやってみると、これが楽でした!!!

朝の下ごしらえのメリット

  1. 朝の静かな中での下ごしらえは作業がはかどる
  2. 下ごしらえが済んでいると昼間も気が楽。「今日の夜どうしよう」の悩みはさようなら〜
  3. 帰宅後に時間の余裕があるので子供との会話が増える
  4. 子供の寝る時間が30分以上早まる

今日、長男は21:10分に寝ました。終業時間を短くする前、夜ご飯の下ごしらえをしていない時は22:20分就寝。以前より1時間以上早く寝るようになりました!おかげで朝も以前よりすんなり目覚めています。

>【働き方】派遣社員の特権!30分終業時間を早めるだけでこんなに違うなんて!心も身体も軽くなりました

朝の下ごしらえのデメリット

デメリットは思いつきません。しいて言うなら、夏はどこまで下ごしらえしていって問題ないか?でしょうか。

朝起きるのが辛い

40分早く起きるようにしました。起きるのが辛い?いえ、あと40分多く寝ても眠いものは眠い。起きるのが辛いのに変わりがないです。

よく、あと5分あと5分と実際に起きるまでにしたりしますが、あと5分寝たからって起きるのが辛いのに変わりはありませんよね。あと5分〜これがないと!という人もいると思いますが…。実は私もこのタイプですが、今は5分×2回のみで我慢しています。

帰宅後の時間の使い方に悩んでいる方はぜひ一度、夜ご飯の下ごしらえを朝にしてみてください。1日の流れがスムーズになりますよ!








こちらの記事も合わせて読みたい



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA