【節約】食洗機をやめてみたら水道代と電気代がびっくりするくらい下がった

食洗機 節約

食洗機の使用をやめてみました

今の家に引っ越す際にオプションで迷わず食洗機を取付けました。取付けて良かった!と思い毎日使用してきましたが、洗浄能力に疑問が。予洗いはしていたのですが、それでも汚れが残っていたりしました。一番の原因は、食器の入れすぎ。

取扱い説明書には

  • 食器同士が当たらないようにセットする
  • 汚れている面を内側、そして下向きにしてセットする
  • それぞれの器に合う場所にセットする

とあります。

食器同士が当たらないようにセットする…そうするとあまり入りません。使った食器やボウルはつい入れてしまいます。じゃあ、食器同士が当たらないようにセットして、残りは手洗い?

食洗機に入れる前に予洗いしてセット、入らないものは手洗い。何か面倒。
一度、食洗機の利用をやめてみよう。

ということで、今年の春から食洗機の使用をやめました。

食洗機をやめて何が変わったか

一番に変わったのは水道代と電気代!!!
昨年の同時期と比べてみると、水道代は月に約1,500円、電気代は約6,500円違います。合計8,000円。年間96,000円!こんなに変わるものかと驚きです。

でも手間が増えたでしょ?

それがあまり変わらないんです。食洗機に入れる前に予洗いをしていたので、予洗いよりも洗いは丁寧になり、食器を拭く必要はありますが、光熱費の違いを考えると苦ではありません。

食洗機はどう食器をセットしていくかが意外と面倒だったので、なおさら苦ではありません。
しかも、食器の劣化が減ったように思います。食洗機を使用していると、食洗機対応のグラスでも傷(?)筋(?)がたくさん入って曇ってしまっていました。

手洗いの唯一の欠点

手洗いというか、乾燥をかけないことによる欠点ですが、100円ショップで買った、持つところが「木」のスプーンやフォークの場合、何か匂います。拭いたところでしみ込んだ水分は消えず、だからといってすぐに乾燥もしない。木がしめってずっと放置された何とも言えない匂いです。

なので、100円ショップで買った、持つところが「木」のスプーンやフォークの使用はやめました。

あと、もしかしたらこれからの季節は昨年以上に手荒れがあるのかもしれませんね。その時は減った光熱費で、いつもより良いハンドソープを買おうと思います。

共働きの必需品

食洗機は共働き家庭の必需品と良く聞きますし、私も実際そう思っていました。
いざ使用をやめてみると、手間は確かに少し増えました。けれど、光熱費の違いを考えると「苦になる程の手間ではない」が、我が家の結論です。新居への食洗機の取付けはやめました。

今後使う事があるとするなら、光熱費の節約を考えないで良い生活が出来るようになったらかな〜。








こちらの記事も合わせて読みたい