【一戸建て購入】引っ越します① 建売vs注文住宅 どっちにする?

狭小住宅

我が家は現在、分譲マンションに住んでいます。
マンションは一戸建てと違い、毎月修繕費と管理費がかかります。そして我が家は駐車場代もかかっています。これだけでローン+五万円以上の出費があり、マンションの修繕費は何年かに一度、上がっていきます。

キツい、キツすぎる…。

調度そんな時、いいなと思える場所に許容範囲の価格で一戸建て売り出しが!!!
これはもう引越しするしかないでしょう。
俗にいう「狭小住宅」ですが、決めました。

けっこうあっと言う間の引越し決定でした。と言っても建て売りではなく半注文住宅のため家はこれからです。半注文住宅とは土地を購入し、指定業者で注文住宅を建てる売建のことを言います。

建て売りか半注文住宅か

今回、建て売りも見に行った上で、半注文住宅での購入に至りました。
その上で思ったことを。

建て売りのメリット

  1. 引越しを考えてすぐに引越しできる。
  2. 出来上がりが見れるので新生活をイメージしやすい
  3. 建築士さんと打ち合わせがないので楽
  4. 注文住宅より安い

建て売りのデメリット

  1. 間取りや内装外装が好み通りにいかない
  2. 設備を追加したい時に、結構お金がかかる
  3. 何軒も近隣で建つ場合、どの家もほぼ同じ
  4. 工事に不備がないかどうか心配

半注文住宅のメリット

  1. 間取り、内装外装にこだわれる
  2. 設計の打ち合わせで必要なものを設定できるので無駄がない
  3. 基礎工事からみている分工事内容に安心感がある
  4. アフターケアが充実している

半注文住宅のデメリット

  1. 家が建つ前に土地のローンの支払いが発生する(持ち家からの引越しの場合、売るタイミングが難しい)
  2. 打ち合わせに時間がかかるので大変
  3. 購入時には新生活がイメージし辛い
  4. 建て売りより高い

我が家の場合、近隣の建て売りより価格が高いイメージはありませんが、こだわりだすと全てオプション。追加料金が発生します。何でもかんでも追加するとびっくりする金額に。

半注文住宅のオプションの決め方

それなりにこだわれる上に注文住宅のように高くもないため、私は半注文住宅おすすめします。
が、前述した通り、「こだわる=高くなる」です。

まずはオプションの目標金額を決めつつ、一度、好みの仕様でオプションがいくらになるか?出してみると良いかもしれません。
金額が出て、オーバーしていたら、何が本当に必要で、何が我慢できるか?選定します。我慢できるものは諦めましょう。

これだけは絶対こだわりたいことと、諦められること

お金があれば納得いくまでこだわるに超したことはありません。が、予算が限られているなら諦めることも必要。土地+家のローンがこれから始まるのですから。

ちなみにオプションはローンに組み込まれる訳ではなく、多くの場合、現金払いになります。

我が家のこだわり

  • 浴室乾燥を電気からガスへ変更
  • ガス床暖房の追加
  • 玄関周りの外装
  • 玄関扉のオプション規格外への変更
  • トイレ収納をつける

上記が大きなこだわりで、他にも小さな変更はしています。

  • シャワーののずる(?)を白からシルバーに変更。
  • トイレと脱衣所のみ水とアンモニアに強いフローリングに変更。
  • 浴槽の排水をボールチェーン式からワンタッチ式に変更

諦めたこと

  • トイレ収納以外の造り付け家具全て
  • カウンターキッチンの人工大理石

諦めた事が少ないように見えますが、造り付け家具は当初、テレビ台や洗濯機室の収納も考えていましたが諦め、これだけで30万円くらい違うんです。造り付け家具は高い!!!
これ以外にも金額を聞かなくても高いと分かるオプションは出してもらいませんでした。

スポンサーリンク

これから半注文住宅で住宅を購入する方へ

最終的に我が家は予定していた合計金額より少し高くなりました。ガス床暖房が思っていたより高かったです。

オプションで金額を設定した場合、絶対にこれは超えないという強い気持ちがないとなかなかその金額にはならないと思います。見に行くと欲が出て来てしまいます。半注文住宅の購入を考えている場合、予算より少し低い金額で探すことをおすすめします。少し安くで購入した分、オプション費用にしてはいかがでしょうか。

オプションを全て我慢では半注文住宅購入の楽しみが半減します。あれこれ見て決めるのは楽しいですよ!








こちらの記事も合わせて読みたい