LINE証券は初心者も安心?アプリや始め方、口座開設について紹介します

LINE証券

2019年8月20日からメッセージアプリ「LINE」上で株を売買できる投資サービス「LINE証券」がスタートしました!まずはAndroid版からのスタートでios版は近日中にスタートします。

株取引は興味はあるけどリスクが心配、難しそう、そんな大金持ってない!なんて思っていませんか?

LINE証券はそんな方でも株を始めることができるサービスです!

※LINE証券は野村ホールディングス株式会社とLINE Financial株式会社(代表取締役社長CEO:齊藤哲彦)の合弁会社のLINE証券株式会社のサービスです。

ともまま

私は20年くらい前に株に詳しい人に教えてもらって少しだけ株取引をしたことがあるものの、怖くなって売却!そんな初心者です。そんな私でも出来そうなLINE証券についてご紹介します!

LINE証券は初心者も安心して始められるように1株単位から取引可能!

LINE証券が選んだ100社の銘柄を1株単位から購入できます。

選ばれた100社は時価総額、配当利回りなどを考慮したうえで、利用者にとって身近な銘柄をLINE証券が絞りました。選ばれた銘柄の多数は数百円から 3,000 円以下で購入可能なため、低額からスタートできます。

ともまま

興味はあるけどリスクが心配、そんな大金持ってない!と思っていた人でもこれなら安心ですね!

国内ETFも1口単位で取引可能!

また、9種類の国内ETFも1口単位で取引できます。

ETFとは?

ETFとはExchange Traded Fund の略で、上場投資信託のことを言います。

ETFは日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)、NYダウなどの指数に連動するように運用されている投資信託と株式投資の良いところを組み合わせた金融商品と言われています。

株式と同じように手軽に売買できたり、低額から始められたり初心者にも安心です。日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)などに連動するように運用されていますので、値動きや損益が分かりやすいところも初心者向けです。

スポンサーリンク

LINE証券の始め方!アプリのダウンロードは必要?

今までLINEを使っていなかった人はLINEアプリが必要ですが、すでにLINEを使っている場合は新たなアプリのダウンロードは必要ありません。

ともまま

LINE証券はLINEのアプリ上で取引ができるんです。

口座開設の方法は?

LINEアプリの「ウォレット」タブに表示される「証券」アイコンをタップすると、口座開設の申し込みができます。

  1. 「LINE」アプリ内の「ウォレット」タブから「証券」アイコンをタップ。
  2. 「LINE 証券」トップ画面の「口座開設(無料)」のリンクをタップし、口座開設を申込み。
  3. 申し込み後、4営業日ほどで簡易書留ハガキが届きます。
  4. 簡易書留ハガキのQRコードを読み取り「LINE 証券」にアクセス!

ともまま

申し込みは、最短約3分で完了!近日中に画像でご紹介しますね!

取引時間は?

取引時間は平日午前9時から午後9時まで(午後2時50分から午後5時は除く)。即時注文・即時約定可能!(ETFの夜間取引には対応していないのでご注意ください。)

ともまま

日中は仕事や子育てで忙しい…といった人に21時まで取引可能なのは嬉しいですね!!

セキュリティは大丈夫?

LINE証券はLINEのアプリ上で提供されるため、まずはLINEアプリの起動に認証が求められます。これに加えて、入出金時にはLINE証券固有のパスワードの入力も求められます。実際に取引するまでに2回の認証が必要です。

また、出金先には銀行口座やLINE Payの口座が指定できますが、銀行口座は本人名義の口座のみ。LINE Payに出金する場合はLINE Pay固有のパスワードが必要です。

ともまま

LINEアプリ上のサービスといっても証券取引には固有のパスワードが必要なのは安心ですね!
スポンサーリンク

まとめ

まだ始まったばかりのサービスなので、実際に取引してみないと使い勝手や、本当に初心者向けなのかは分かりません。

ともまま

取引を開始したら随時、追記してご紹介していきますね!