【節約】「お買い得」「お得」のことばにシビアになる。「お買い得」「お得」は無駄と背中合わせ

節約

先日、八百屋さんで「お買い得!菜の花2パックで240円!」の文字が…。その横には小さく1パック130円の文字も。

こちらの八百屋さん、よく2つで○○○円と売り出しがあります。今回の菜の花なら1パック120円。私は「お買い得」「お得」の言葉が大好きです(笑)去年までの私なら必ず2パック買っていたでしょう。だってお買い得なんですもの!

「お買い得」「お得」は常に無駄と背中合わせ

買い物に行くと以前よりじっくり考えるようになりました。以前も考えているつもりでしたが、今から思うとポンポンとカゴに入れていたと思います。しかし、収入が減ったいま、そういう訳にはいかない!考えながら、買い物をしていると無駄を感じることが多くなりました。

「菜の花食べたいな〜2パックなら240円。2パックで20円お得!」
「近くのスーパーだとたしか1パック148円だったよね」
「2パックかったら296円!60円くらい安いね!」

そして購入!が以前の私。

しかし我が家は4人家族、しかもそのうち2人はちびっこ。菜の花なんて食べてくれません。私も子供の頃は菜の花は嫌いでした。

「いやいや2パックも食べないよね」
「2日連続、菜の花もね〜」
「1パックは食べずにしなびらせそう」
「1パックでいいよね」

節約

そう1パックで十分なんです。
2パックかっていたら、1パックは食べられずにいたかも。そうすると結果1パック240円の菜の花を買ったのと一緒。

菜の花だけでなく、!「お買い得」「お得」には常に無駄が隣り合わせです。
日常のスーパーでのお買い物だけでなく、バーゲンも福袋も…!「お買い得」「お得」な物は常に無駄と隣合わせ。

いくら安くても、いらない物を買ったらそれは全て無駄です!

10,000円の服の福袋に40,000円相当の商品が入っています!と言われて買っても40,000円分の服はデザインが嫌いで着れなかったら結果、何も「お得」じゃない。それなら10,000円の気に入った服を買った方が良いです。

福袋は買うだけで楽しかったり、お友達と交換するのが楽しかったりするので、その気分が満たされるならそれも良いと思います。しかし「お買い得」「お得」だから…の理由だとおすすめしません。

私も昔は福袋が大好きでした。しかし、鮮やかな黄緑色のジャケットが入っていたことがあり、それを機にやめました(笑)

買い物する前に一度考えてみましょう。
「本当に欲しいですか?」
「余計な物ではないですか?」

そうすると無駄が見えてきたりしますよ〜。








こちらの記事も合わせて読みたい