【子育ての悩み】母の浪費でお金には限りがある事に気付く。子を持って初めて父の凄さに気付く

子育て

私は、父が40歳、母が39歳の時の子供です。
上の姉と10歳離れていて末っ子のためとはいえ、当時としては珍しい高齢出産なのかもしれません。

父はTVCMもされている、それなりの規模の会社の支社長でゴルフと麻雀が趣味。海外旅行に困らない程度の英語も話せました。
母は中学生がそのまま大人になったような女性、子供より自分自身が一番。子供のように拗ねたり、子供にケーキをあげる前に自分のケーキを確保するような人でした。

金銭的には何の不自由もなく育ちました

父が転勤になり諸事情により、中学2年生以降は父母とは離れ、姉と兄と私の3人生活でした。高校生になると姉が結婚したため兄と一軒家で二人暮らし。母から私の食費として8万円くらいもらっていたような気がします。家賃も光熱費の支払いがある訳でもなく、高校生が8万も毎月貰える。服は別に買ってもらえる。今思えば、間違ったお金の与え方ですが…。
また、高校生の時には個人旅行でハワイへ家族旅行。ビジネククラスに乗って、ホテルまではリムジン。毎日美味しいご飯を当たり前のように食べに行っていました。
大学では短期海外留学へ。親の口座から引き落としのカードを持っての短期留学。贅沢でした。
ただ、お金の面では恵まれていましたが、家で一人で過ごす事も多く、心は寂しい事もありました。寂しさを贅沢で埋めていたのかもしれません。

母の浪費でお金には限りがある事に気付く

お金はあるのが普通。節約なんて考えた事ない。が23歳までの私です。
しかし、母がギャンブルにはまり多額の借金。母からの「70万貸して」の電話でそれまでの思いが一変しました。

「うちにはお金がなる木があるわけではなかった」
入ってくるお金より、出ていくお金が多くなる生活が続くとそれは借金となる。

知らず知らずに母と同じように浪費癖があり、あまり貯金していなかった自分自身を悔やみました。

スポンサーリンク

子を持って始めて父の凄さに気付く

結果的に母のギャンブルによりその後、父や周りは大変な状況になったのですが、金銭的に苦労なく大学まで行かせてもらえた事に今は感謝しています。

子育てにはお金がかかります。それでも、苦労なく過ごせたのは「父が汗水流して働いて稼いでくれた」からでした。

父と出掛けた思い出はほとんどありませんが、それくらい仕事が大変だったのかもしれません。
働いているといい事ばかりじゃありません。むしろ辛い事の方が多いですよね。父の立場ならストレスも相当なものだったと思います。仕事をして子供を養う。大変です。一人の同じ働く人間として今更ですが尊敬と感謝です。

自分の子供達に何の苦労もなく大学まで行かせてやれるのか?

今は共働きで毎日を過ごすことで精一杯なので、分かりません。もっともっと節約して稼がないとという焦りと悩みも。もちろん本人達が希望すれば大学まで苦労なく行かせてあげたいとは思いますが、大学を出る事が全てではないと思っています。

「何をしたいのか」を見つけて実行できる人になって欲しいと思っています。但し、そのためにどうしたら良いのかは答えが出ていません。。。

我が家の子供達は昔の私のような贅沢はさせてやれませんし、させません。
贅沢をさせている方はご注意ください!贅沢は、私のようなザル勘定のダメ人間が作られる場合もあります(笑)
子供達にはきちんとした金銭感覚を身につけて欲しいと思っています。そして、私が当時感じる事があまり出来なかった愛情を注ぎたいと思っています。








こちらの記事も合わせて読みたい