【子育ての悩み】担任の先生と子供の相性。先生嫌いから不登校になったときにできること

子育て 悩み

長男が2年生になってもう早1ヶ月以上経ちました。長男は毎日元気に学校に通っています。クラス替え前は心配していましたが、子供は思った以上に順応力があるものなんですね。

しかし、クラスの中には「先生が嫌い」と言って、学校にあまりきていないお友達もいるようです。また、他のクラスでもゴールデンウイーク明けからお休みしている子もいるようです。

低学年の不登校は担任の先生との相性が良くないことが多い

不登校の理由として一番に「いじめ」が思い浮かびますが、小学校低学年くらいの場合「担任の先生との相性」がよく聞かれます。

「1年生の時の担任の先生が良かった」「今の先生、怒ると怖い」「声が怖い」…子供が、自分が思うような先生じゃないと感じた時に「学校に行きたくない」となってしまうのですね…。また、ゴールデンウイークのように長いお休みがあると、更に行きたくなくなる。これは働いている大人も同じ(汗)

先生が悪いの?子供が悪いの?

小学生 先生嫌い
テレビを見ていると、特定の子にだけ辛くあたったりする先生もいるようですから、そんな場合は先生が悪いと言えます。しかし、私の周りの状況を聞いたりすると、先生が悪いわけではなく、子供が悪いわけでもない。

どちらが悪いわけではなく、子供それぞれに「苦手な先生」に感じるカテゴリーがあって、たまたまそのカテゴリーに属する先生が担任になる。友達はクラスに苦手な子がいても気の合う子と仲良くしていれば良いですが、担任の先生は1人。苦手でも関わっていかなくてはいけません。

「先生が嫌い」といってお休みする子がいれば、「いい先生だよ」という子もいる。「怒ると怖い」という子がいれば、「そう?全然平気」という子もいる。難しいですね…。

長男のクラスの担任の先生

前評判、とても悪かったです。「授業が下手」「去年、先生が嫌いで不登校になった子がいる」「親から苦情の電話がきた」…耳に入ってくるのは良くない話しばかり。先入観をもって初めて見たからか「あーなるほどね」と変に納得。

しかし、長男が話してくる先生は「今日、先生がね○○したんだよ!楽」「先生、怒るとこわいよ〜!笑」「先生に○○マークもらったよ!嬉」長男にとって前評判の悪かった先生は好きな先生のようです。

先生が嫌いで学校に行きたくないと言った時にしてあげられること

小学生 先生嫌い
もし自分の子供が「担任の先生が嫌い」と言って学校に行きたがらなかったら、あなたならどうしますか?

まずは話しを聞きますよね。明らかに担任に問題がある場合は学年主任や校長先生と話しあうことが必要ですが、たまたま子供にとって相性が悪い先生にあたって不登校になった場合に出来ること…

私なら、先生が嫌いな理由がどんなささいな事でも「共感してあげる」「無理に学校に行かせない。但し規則正しい生活をして勉強は家でしっかりさせる」でしょうか。

共感することで、分かってくれる人がいると安心させます。泣いて嫌がるなら無理には学校に行かせませんが、だからといって家が楽な場所にはしません。家にいたら勉強しなくていいし、ゴロゴロできていいわ〜なんて思われても困ります。

担任の先生には、数日で解決できそうな心の揺れであれば言いません。長引くようなら事実をそのままお伝えします(但し低姿勢で!汗)

問題が出てきても困らないようにできること

小学生 先生嫌い
前述した対策はあくまで我が家の場合は…です。子供の性格によって対処方法は変わります。学校の方針によっても変わります。その後子供が学校に行くようになれば「間違ってなかった」と思えますが、不登校が長引けば「間違ってるのかも」と、何が正解だったのかは分からないですよね。

しかし、何か問題が生じても困らないようにできることはあります。

同じクラスに、先生についてや子供の様子について聞ける信頼できるママ友を1人でもいいのでつくりましょう。クラスの様子は同じクラスにいる子供が一番良く分かっています。

「○○君、よく怒られてるよ!でも悪い子じゃないんだよね〜ちょっとおしゃべりでしつこいだけ!」な〜んて、子供は大人が思っている以上によく友達のことを見ていてびっくりします。それと共に先生のことも見ています。

働いているとクラスのママと接点を持つのが難しかったりしますが、保護者会や学校公開などできるだけ出席して積極的に話しかけましょう!我が子のことからクラスの雰囲気や先生について、共有できる友人がいると安心です。








こちらの記事も合わせて読みたい