【子育ての悩み】2人目を悩んでいる方へ。想像以上に仕事との両立が大変。けれど可愛い♡

我が家には小学校1年生の長男と3歳の保育園児の次男がいます。4学年ちがいます。長男が3歳の頃に次男の妊娠がわかりました。

次男の妊娠から出産後までの気持ちの変化

次男を妊娠したときは、すでに私は高齢で2人目をあきらめかけていました。

私の周りには「子供は1人でいいかな。1人を大切に育てていくの♡」といっている友人がたくさんいます。私も長男を溺愛していたので「いいね♡」と2人目を熱望していたわけではありません。
しかし次男を授かり今では家族4人で幸せに暮らしています。子供を2人授かることができたことに感謝しています。

長男が可愛くて仕方なかった妊娠中

次男の妊娠中、長男のことが可愛くて可愛くて、次男が産まれてきても「長男のように可愛いと思えるか?」と悩んでいました。お腹の中の次男に話しかけるよりも、長男に「産まれてきても○○が可愛いと思う気持ちは変わらないからね〜♡」なんて毎日のようにお話ししていました。

ネットで「2人目 可愛いと思えない」なんて検索したことも。検索すると同じように悩んでいる人がいて安心しました。

次男出産!もうメロメロに

そう、古い言い方ですが、メロメロです(笑)可愛いと思えるかどうかなんて悩んでいたこともすっ飛び、メロメロ。退院後も可愛くて可愛くて、長男が話しかけにきても次男のお世話ばかりしていたかもしれません。

産まれてくるまでは、可愛いと思えるかどうか悩んでいたのに今度は、「次男 可愛くて仕方ない」「次男出産 長男 可愛いいと思えない」なんて検索したことも。こちらも検索すると同じように悩んでいる人がいて、私だけじゃないんだと安心しました。

次男を出産して思ったこと

出産後はなるべく長男に寂しい思いをさせないように…と気を付けてはいましたが、寂しい思いをさせていたかもしれません。次男にメロメロになっていたのだから、きっと寂しい思いをさせていたと思います。しかし、今では2人とも可愛くて仕方ありません。

次男が産まれるまでの長男への愛情は、半分が次男にいくのでなく、同じ分だけ次男にも芽生えるものでした。もし今、2人目を妊娠していて同じように悩んでいるお母さんがいたら安心してくださいね。

子供が2人になってからの育児と仕事

大変です!体力的に経済的に想像していた以上に大変になりました!!しかし、2人いると手抜きをする分、精神的には1人でも2人でも大変さは一緒なのかも。

体力的に大変

私は働くことが大好きだったので、ずっと60歳まで正社員でフルタイムで働いていくつもりでした。しかし、2人目出産後から「今まで通り働いていくこと」が不安に…。育休から復帰後はもう必死です。育休明けしばらくの記憶はありません。必死すぎて覚えていません。

思うように仕事を頑張れない自分に自信も喪失。独身でバリバリ働ける同僚が羨ましくもあり、迷惑をかけながら働いている自分が情けなくもあり…。育児も手抜きで全て中途半端。毎日起きるときには「あー辞めたい」と思うようになりました。

実際、私の周りでは2人目を出産してから仕事を続けることが大変になり「会社でのポジションを変えてもらった」「転職した」「もうそろそろ辞めようと思ってる」と聞きます。

1人の時は何とか頑張ってやってきたけれど、2人目でどうにもならなくなってきた…といった状況なのかな…。私の場合はそうです。体力的にきついのに悩んで眠れない日もありました。

経済的に大変

お金もかかります。

我が家の場合はおさがりが使えます。次男の洋服の80%はおさがり。おもちゃも買う必要がないので助かっています。それでも、保育料や日々の日用品、3歳になると外食しても有料になる所が多いので成長とともにかかる費用も増えてきました。「男の子は食費が大変よ〜」とよく聞くので今からどこからお米を調達しようか悩んでいます(笑)将来の学費も不安です。

出費は増えたのに、私の転職により収入が減ったのでさらに大変です。

2人いるとやはり大変

1人より2人の方がやはり大変です。自分の物を買えない、自由になる時間がほとんどないなど、犠牲にすることは増えました。私は想像していた以上に大変に感じています。しかし可愛い♡もちろん1人でも可愛いです♡2人になると可愛いと思う対象が2人に増えました♡これだけで大変さはチャラというより飛び越えられます。

経済的にはこれからは不安ばかりですが、こうなったら何とかするしかないのです!そのために模索する毎日です。

スポンサーリンク

育児をしながら働き続けることで注意すること

まず一つは、周りに助けられながら働いているということを忘れないことだと思います。会社にはもちろん、保育園など関わってくれている全ての人に感謝です。

民間のサービスや家族の援助を受けて、以前と同じようにバリバリ働いているワーキングマザーの方もいらっしゃいますが、多くの場合、時短で働いていたり、子供が病気になるとお休みをもらったりすると思います。その分、フォローしてくれている人がいることを忘れない、感謝しましょう。子供の人数が増えると迷惑をかける回数も増えます。さらに感謝です。

そういう私は今から思えば前職に在職時、感謝できていませんでした。それどころか「こんなに一生懸命はたらいているのに!」なーんて思っていました(反省)

1人でも2人でも人数に関係なく、育児をしながら働くのは本当に大変。ぎりぎりのところで頑張っている人が多いのかなと思います。本当に仕事をすることが辛くなった時は、ポジションを変えてもらえるよう会社に相談してみる、思いきって一度仕事を辞める、就業スタイルを変えることも考えましょう。

仕事のストレスで鬱になる場合もあります。頑張りすぎは禁物!現状を変える勇気も必要です。

> 【働き方】正社員から派遣社員へ。40代にして初めて派遣社員になって感じた特権








こちらの記事も合わせて読みたい