【育児の悩み】まさかの牛乳アレルギー!

ミルクアレルギー

我が家はアレルギー家族です

パパは花粉症。
小さい頃から春になると鼻炎がひどく、花粉症が世間に認知される前からの長いおつきあいだそうです。かかりつけの内科の先生には人の20倍くらいの値だと言われた!と、まるで自慢のように言っています。

私は一番アレルギー値が低く、以前は金属アレルギーでしたが、最近は平気。今では疲れている時に山芋と生の鶏肉を触ると痒くなる程度です。

長男のアレルギー

長男は、卵・えび・かに・ピーナッツ・いか・ハウスダスト・ダニ。
保険診療では一回につき12個のアレルゲンまでしか調べる事が出来ないため、まだ調べてないものもありますが、分かっているだけでこれだけあります。卵は徐々に食べれるようになってきたものの、1歳2ヶ月の時にアナフィラキシー症状で病院に運ばれたため、まだ卵焼きやオムレツなど卵そのものの料理は食べさせておらず、クッキーや料理のつなぎまでで経過観察中です。

アナフィラキシーとは

アナフィラキシーとは、発症後、極めて短い時間のうちに全身性にアレルギー症状が出る反応です。長男の場合は全身が真っ赤になりました。そして、このアナフィラキシー症状によって、血圧の低下や意識障害などを引き起こし、場合によっては生命が危険な状態になることもあります。この生命に危険な状態をアナフィラキシーショックといいます。幸い、長男は血圧の低下も意識障害もなかったため、アナフィラキシー症状の発症と診断されました。

次男のアレルギー

そして、次男。まだ6ヶ月で採血は可哀想ですが、「アレルギーは遺伝が大きい!」と、パパのかかりつけ医の先生に言われたため、調べてみました。

調べる前は「長男と同じで、卵かな〜エビカニかな〜」なんて思っていたんですが、全く予想していなかった「牛乳(ミルク)アレルギー」!長男の大好物がアレルゲンでした。

先日、パン粥(パンを粉ミルクに浸したもの)を食べさせた後に口の周りが赤くなっていたし、哺乳瓶の乳首を嫌がるので飲ませていなかったミルクを、初めて保育園で飲ませてもらった後に迎えに行った時も口の周りが赤くなっていたので、怪しいなとは思っていたんですが、長男は牛乳が大好きで毎日水分補給が牛乳!と言ってもいいくらい沢山飲んでいるため、次男の牛乳アレルギーは予想していませんでした。

同じ親から産まれてきても、それぞれ違うものなんですね…。

幸い、数値だけで見ると、牛乳は6段階の1。それでも赤くなるって、数値が全てじゃないのか?赤ちゃんだからなのか?分かりませんが、1歳までは牛乳・通常の粉ミルクは除去となりました。そして、卵も長男よりは低いものの数値が出たため、1歳までは除去。
食べさせてあげられる物が少ないなぁと、思うものの、長男よりは数値が何倍も良かっただけでも良かったです。

パパのコピーのような長男の方がアレルギーはひどく、私に似てると言われる事の多い次男はアレルギーは少ないので、遺伝が大きい!と言った先生のお言葉、当たっています。

卵アレルギーにおすすめのケーキ

最近ではアレルギー表示がされているお店も増えてきたし、保育園でもきっちり対応してくれます。ただ、アレルギー対応ケーキで、今まで「これ美味しい!」と言ったものに当たった事がありません。何か味に無理があるように感じます。

なので、最近ではサーティワンのアイスクリームケーキにしています。長男はいつも大喜びです。卵アレルギーでケーキを食べれないお子さんに、サーティワンのアイスクリームケーキはとってもおすすめです!ケーキを食べきれないお家にもサーティワンのアイスクリームケーキは冷凍庫で保存できるからとってもおすすめです。

サーティワンでは、店頭で食べる際、アレルギー持ちを伝えると器具の洗浄などすごくきっちり対応してくれます。我が家の場合は完全除去じゃないため、10分〜15分くらい待たされるのが嫌で最近は言わないようにしていますが、完全除去の方がいる場合にはかなりの安心感だと思います。

一歳未満でアイスクリームを食べさせることはありませんが、次男の牛乳アレルギーが良くなっていかないと、アイスクリームケーキは食べられないですね…。どうしよう(´・ω・`)

卵や牛乳アレルギーは年齢と共になくなっていく事が多いようです。但し、えび・かに・ピーナッツ・いかはあまり期待できないとのこと。アレルギー、これからも長い付き合いになりそうです。

今日は慣らし保育最終日。14:30のお迎えです。やっぱりまだまだ寂しいな…。








こちらの記事も合わせて読みたい



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA