【育児の悩み】入園して悲しくなる

保育園 入園

昨日は次男の保育園の入園式でした。生後6ヶ月での入園です。

長男は生後5ヶ月で入園したので、長男よりは長く一緒に過ごしてからの入園です。
なのに、寂しくてしょうがありません…。

思えば、長男の時は生後2ヶ月頃には自宅で仕事を再開していたので、毎日寝不足、パパには、「このままだとママが死んでしまう」と心配される程の寝不足での育児。生後5ヶ月で預ける保育園が見つかった時には、「これで少し楽になる」という思いの方が強くて、寂しさはその次でした。

寂しいのは皆同じ

今回は産休育休を取得したので、仕事は一切せず、どっぷり家庭におさまって、次男と一緒に過ごしてきました。
だからなのでしょうか。寂しくて悲しくてしょうがありません…。

まだ慣らし保育ですが、今朝は初めての登園。
登園すると、次男と同じクラスのママさんが、同じように悲しくて目を真っ赤にしながら泣いていました。その涙を見ると、涙が溢れそうになるのと同時に、私だけが寂しい悲しい訳じゃない、と励まされました。

なんとか、保育園では泣くのを我慢して、帰宅。
保育園では我慢できた涙ですが、帰宅してリビングにいると、いつも次男がゴロゴロしている場所に次男はおらず、妙に片付いて見えて、一人で号泣してしまいました。そして今、ブログを書きながらもまた、涙が…。

慣らし保育の意味

次男は、11時に迎えに行くと、30分くらい寝て、寝る前に少しぐずったけれど、それ以外はご機嫌に遊んでいたそうです。明日も11時のお迎え、明後日から少しづつお迎え時間が遅くなって行きます。

保育園に入園すると、赤ちゃんが新しい環境にストレスなく慣れるために、いきなりフルタイムで預けるのではなく、約1週間かけて徐々に預ける時間を長くしていきます。

そして、慣らし保育は赤ちゃんが保育園生活に慣れるための期間と同時に、ママが赤ちゃんから離れるのに慣れる期間でもあるのかなと思います。

職場復帰は今月中旬です。それまでに、気持ちの切り替えをしないと!ですね…。
次男は今、リビングのいつもの場所でスヤスヤとお昼寝をしています。本当はもっともっと次男と一緒にいたいです。








こちらの記事も合わせて読みたい