これが小3~小4に見られるギャングエイジ?!小3の長男に見られる変化

ギャングエイジって聞いたことがありますか?
ギャングエイジとは発達心理学で使われている言葉で、小学校3年生から4年生くらいから高学年までの子供が自立していく期間のことを言います。ただ、この期間は個々により変わるので、必ず中学年から始まって高学年で終わるものではありません。

実は私はこの言葉をこの間まで知りませんでした。小3の長男の小学校の保護者会で男児のトラブルの話しになった際に担任の先生が「この時期からの特に男の子はギャングエイジと呼ばれる時期に入りますので。」と、話したことで知りました。

ギャングエイジとは

ギャングというと私の中では悪いことしか想像できません。渋谷のギャングとか六本木のギャングとか~。苦笑 けれど、ギャングエイジのギャングは決して悪い言葉ではなく、ギャング=仲間 のことです。

小2くらいまでは、保育園が一緒だった、幼稚園が一緒だった、家が昔から近所で、親同士が仲良しで…などの理由で集まって遊んでいたのが、小3頃からは自分から気の合う仲間を見つけて遊ぶ年代に入っていきます。そして子供はどんどん自立が進み、親と行動を共にするよりその仲間と一緒にいることを優先するようになってきます。さみしい><!

その仲間内では役割やルールが決まっていたりして結束力が強く、親や他の友達はともすれば入りづらい雰囲気も感じるようです。嘘やずる賢さが表れてくるのも丁度この時期です。仲間と一緒だと平気で親に嘘をついたり、約束を破ったりすることも。

ギャングエイジは仲間をつくって行動するため、なかには仲間に入れてもらえない…などのトラブルも出てきたりします。一人だけどのグループにも入れてもらえない、いつも一人でいる…などはいじめられている可能性もあるため、注意が必要です。

小3の長男がギャングエイジに?

ギャングエイジ
保育園の時から仲良しの友達は小3の長男にとって、特別な友達のように見えます。素で付き合える、とても良い関係です。

先日、次男の貯金箱からお金を盗ってデュエルマスターズカードを買ったことを教えてくれたのは保育園の友達です。意地悪で私に言ったのではなく悩みながら教えてくれて、帰宅後は「今ごろ〇〇(長男)、怒られてるんだろうな~。泣」と心配していてくれたみたい。友情ですね!

参考小3の長男お金を盗む。小学生のお小遣いの与え方を考える

ただ、そんな長男でも保育園で仲の良かった友達とばかり遊んでいた低学年の時よりも、小学校で出会った色々な友達と遊ぶようになりました。

そして、保育園の時に周りとうまくいってなかったけれど保育園が一緒だったという理由だけで小学生になっても何となく遊ぶ仲間にいた男の子とは、保育園時代のお友達は誰も遊ばなくなってしまいました。保育園が一緒だったという理由だけでは遊ばなくなる…はこのことなのかな。

この他に、学校からの帰りに仲良しの友達と公園で長話しを30分くらいしてから帰宅したり、友達と自転車で今までよりも遠い所へ遊びに行ったりしているようで、これもギャングエイジ時代の行動の一つと感じています。友達(仲間)と一緒だと調子に乗って気持ちが大きくなっている様子も見られます。

近所の小4の男の子のお母さんが「最近、息子の喧嘩が多くて、困ったもんだわ。。」なんて話しをしていたので、もしかしたらこれからトラブルが増えてくるのかもしれません。

ギャングエイジは男の子だけ?女の子にはギャングエイジはないの?

ギャングエイジ 女の子
長男の担任の先生は「この時期からの特に男の子はギャングエイジと呼ばれる時期に入りますので。」と話しましたが、女の子にも十分当てはまります。

女の子の場合、仲間内で交換日記をしている話しを良く聞きます。その仲間に入りたくても、誰でも入れてもらえるわけではありません。そして、今まで仲良くしていたのにある日を境に仲間から外された…なんて話しも聞きます。

女の子の方が仲間意識が強いような…。女の子の方が仲間に入れる、入れてもらえないなど、友達関係が難しそうです。ただ、男の子のように友達(仲間)と遊びに行ったら、どこで何をしているか分からない!なんてことは少ないようです。

スポンサーリンク

ギャングエイジが減っている?

最近の小学生は忙しいです。

長男はサッカーチームの練習にサッカースクールにECCに学研に行っています。遊べるのは週2日習いごとと習いごとの間の時間と、週1日習いごとの前の時間のみ。習いごとのない日はありません。周りの友達も同じ感じというか、もっと時間のないお子さんもいます。

なので、放課後に特定の友達(仲間)と放課後に遊ぶ時間があまりありません。

昔よりこのような子が増えたため、ギャングエイジの子供が減っているのでは?なんて言われたりもします。

長男の場合、家のすぐ近くに子供がたくさん遊びにくる公園があるので、行けば仲の良い友達がいたりして一緒に遊んでいます。公園が近いのでお友達が遊びに来ることもあります。遊べる時間は少ないけれど、時間の有効活用は出来ているのかも!

もし、放課後は習いごとか家で一人でゲーム…のような生活をしているなら、空いている少しの時間だけでも外で遊ぶように声をかけましょう。ゲームのような二次元は喧嘩もなく自分の好きなように過ごせますが、リアルな人間関係で揉まれて成長することも大切です。但し、性格的に公園などに一人で遊びにいくことが出来ない子もいるでしょうから、強要はしなくても良いと思います。

そんな時はお子さんと楽しいお話しをするのも良いですね♪

ギャングエイジは子供にとって大切な成長過程

ギャングエイジ
ギャングエイジは気の合う仲間(ギャング)で集まり、自分たちなりの役割やルールの中で遊びます。

けれどいくら仲良しだといっても自分の思い通りにならなくてイライラしたり、時には喧嘩をすることもあるでしょう。そんな中でも、自分の感情をコントロールしたり、喧嘩をすれば仲直りをしたり、友達が喧嘩を始めたら仲裁したりしながら、成長していきます。

人間関係でのもめ事は大人になってもあります。子供の頃にこういった経験を積むことで集団生活に適応し他人との関わり方を学び、将来の生きていくためのスキルを自然と身に着けられます。

ギャングエイジとの関わり方

ギャングエイジは心配なことばかり!子供を心配して、ついついあれこれと口を出したくなりますが、ぐっと我慢です。子供は親に守られていた環境から自ら飛び出して、自分の仲間の中で一生懸命に修行しています。

子供の安全には注意を払い、目に余る行動は注意しますが、気にかけつつ口出しをするのはぐっと我慢です。ちなみに小3の長男を少し前に大きな声で頭ごなしに怒ったんですが、何も感じていない様子でした。何も感じていないどころか目が反抗的だったような。泣

怒るのではなく注意する、怒鳴るのではなく話し合う、毎日心の中で唱えています。親も修行です。笑








こちらの記事も合わせて読みたい