小2の夏休みでついた学習習慣!小2の夏休みはとても大切!

小2 夏休み

久しぶりの投稿です。
こんなに期間が空いた一番の原因…それは小2の長男が夏休みに勉強に目覚めたからです。
とにかくこれが私には大変で、ブログの更新どころではなかったんです。

ここ最近は疲れきって、ブログの更新?何それ?状態。小学2年生ってこんなに疲れるんだ…が正直な感想。ちなみに長男の通う公立小学校は中学受験をするのは全体の半数以上。公立中学に進学するのは3〜4割と言われています。ここ最近の私の状態は、そんな教育熱心なご家庭が多くいる地域に住むごく普通の家庭の苦悩…なのかも知れません。

小2の夏休みの過ごし方

小2 夏休み
我が家の長男は現在小学2年生。小学2年生の夏休みの宿題は多くありません。
算数・国語のドリルに読書10冊以上、読書感想文、観察カード、絵日記 以上。早ければお盆前には余裕で終わるボリューム。長男も余裕で宿題はこなしました。(苦手な読書感想文以外はね…)

しかし、夏休みに入ってすぐに言われたんです。「小2の夏休みはとても大切だよ」と。…これって「宿題さえしていれば良いのではないよ。宿題以外の家庭学習も大切だよ。夏休みの過ごし方を考えた方が良いよ。」って言われたのかしら…と早速ソワソワ。

小1の夏休みは親子ともども何も考えずに過ごしましたが、どうやら小2の夏休みはそうはいかないよう…。

小2年の夏休みの勉強

長男には夏休みの間にとにかく毎日少しでも勉強させる事を目標にしました。ドリルを購入し、その日の課題を毎朝あたえました。それは旅行中でも変わらず。毎朝少しでも勉強すること。そして同じするなら、丁寧に!見直しをすること!を何度も話し、とにかくこれを実行!

振り返ると、しょっちゅう怒っていたかも。もちろん遊びの楽しいイベントも入れましたが、自分の小学2年生の頃を思い出しても、そんなに勉強をした覚えはなく…ちょっと可哀想だったのかな…。

しかし、夏休みが終わってみると、「勉強は自分のためにしなければいけないものなんだ」という思いが少し芽生えたよう。学習習慣がついたみたい!

> 「小2早ね早おき朝5分ドリル」は朝の時間の活用におすすめ

小2の夏休み明けに勉強のやる気スイッチがON!

小2 学習習慣
長男のクラスの普段の宿題は毎日、音読と漢字の練習一文字にプリントがあったりなかったりです。ササッーとすれば、30分あれば片付きます。実際、1学期はそれくらいで仕上げていました。

しかし、夏休みが明けると長男は1学期とは比べものにならないくらい、勉強への姿勢への変化が!!!いつの間にか、やる気スイッチがONになっていました。

特に漢字の練習がとても丁寧になり毎日花丸にコメント付き、それに気を良くして更に丁寧に。慣れない作業に当然時間がかかります。一文字一文字確認にくるため、付き合うのが本当に大変。学校の宿題以外にもしなければいけない事は沢山。週4のサッカー、ECC、学研教室…。もう1日24時間じゃ足りない!

小2の夏休みに学習習慣をつけよう

長男は賢くありません(泣)1学期の学校の成績はふつう。良くもなく悪くもなく。…しかし、夏休み中に、以前にはなかった学習習慣がつきました!

私の友人のお子さんが通っている学校では、低学年にとても厳しいそう。なぜなら、低学年で出来なかったことは高学年になっても出来ないから、と。これが全て正しいとは思いませんが、学習習慣は早くついた方が良いのは実感しています。

これから中学年、高学年になってどんどん勉強が難しくなったときに勉強しない我が子に焦るよりは、今、頑張らせた方が本人のためにも親のためにも良いと思います。

いやいやもう小2の夏休みは終わってるし…でも焦る必要はありません。
明日から少しずつでも勉強をする習慣をつけましょう!
朝5分でも10分でも効果的だと思いますよ!








こちらの記事も合わせて読みたい



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA