【子育て】物を大切にしない小1の長男。小学校卒業まで文房具は自分のお金で買わせることにしました

お年玉 お小遣い

長男は物を大事にしません。特に学校で使用している文房具。
4月から使い始めたふで箱はもうボロボロ。油性マジックで名前を何箇所も書いたり、削った鉛筆の先でつついた後があったり痛々しい姿です。
鉛筆は上からも削ったりします。消しゴムはすぐに割って小さ〜くしたり、一時はねり消しをつくると言って無駄に消したり…。入学してから消しゴムを何個買ったか分かりません。物差しもなくしたようです。

長男だけかと思っていましたが、男の子ママ友も同じことを言っています。長男ほどではないとは思いますが(汗)男の子にはよくある事なのかもしれません。

物を大切に使うことを教える

何度注意してもなおりません。通知表にも「手遊びを注意していこうと思います」とコメントが書かれ、「かたづけができる」には○丸がもちろんありません。。。これはすぐには治らないと諦めました。

そこで2学期終了と同時に「あなたが大切に使えば、小学校6年間使えるだけの文房具は買いました。これからの文房具は自分のお金(貯めているお年玉)で買うように」と告げました。うなずく長男。

この時に言った文房具とはふで箱の他、鉛筆、消しゴム、ものさし等ふで箱に入っている文房具のことです。ノートなどは含みません。

成長とともに物の大切さを気付かせる

うなずいたものの「それがどんな事なのか」はまだ分かっていない様子。しかし分かっていようがいまいが、これから5年と3ヶ月、長男は自分のお金で文房具を買います。買わせます!

そして、私が一人で買いに行って「貯めているお年玉からひいておくね」とは言いません。一緒に買いに言って手に取って選ばせます。消しゴムは一個100円。レジに持っていくと8%の消費税がついて108円支払うんだよ。108円は○○のお菓子と同じ値段だよ。と教えます。そして、使ったお金はお小遣い帳に記入します。

何年生になったら気付くのかは分かりません。しかし、今は分からなくても成長とともに物の大切さを感じ、お金の大切さ使い方を学んでいって欲しいと思っています。

お年玉の管理

お年玉
自分のお金(貯めているお年玉)で買うようにと書きましたが、管理はまだ私がしています。以前は暗証番号は秘密のまま通帳だけは渡していましたが、すぐに没収しました。

>【子育て】小学校1年生で貯金デビュー
この後すぐ没収!

お年玉は子供にとっては高額な金額なため、今後も子供に管理をさせるつもりはありません。しかし、もらった金額と総額は伝えています。今までは言葉で伝えてきましたが、今後はお小遣い帳を記入して見ることで「間接的に管理」をさせようと思います。

私のポッケへ”ないない”はできません(笑)

お小遣いは?

以前は小学校一年生になったらお小遣い制にしようかと思っていましたが、我が家はまだお小遣いを渡していません。学校行って学童に行って帰るのは夕方。平日はお小遣いを使う時間がないからです。我が家の近くにはコンビニがあります。お小遣いを渡したことで、学童から帰って夕方一人でコンビニにお菓子を買いに行くようになっても困ります…。

今後渡すときが来れば、お小遣いの使い道には口出しをしないつもりです。なので、文房具を自分で買って、お小遣い帳をつけて、もう少しお金の大切さが分かるようになってからお小遣い制を取り入れようと思っています。

「お小遣い制にした方が親の出費が減るよ〜」とよく聞くので、1日も早くお小遣い制にしたいのが本音ですが(笑)








こちらの記事も合わせて読みたい