派遣社員から契約社員になって1年、デメリットしかない!と感じる理由

メリット デメリット

私は人生初の派遣社員を経験した後、これまた初の契約社員になって約1年になります。1年経過して契約社員と派遣社員の違いを感じて、今ではメリットは少なく(ほぼない)、デメリットしかない!と思っています。

ともまま

実際に契約社員になって感じているデメリットを、正社員と比較、派遣社員と比較してご紹介します。また、数少ない?!契約社員のメリットもご紹介します。

契約社員とは?

契約社員とは、一般的に「雇用期間に定めがある社員」のことです。

正社員のように定年や自己都合や解雇で退職しないかぎり働き続けられる長期の雇用契約ではなく、労働契約法により最長3年、もしくは年齢(60歳以上)や仕事内容により最長5年と決められている有期雇用契約です。

スポンサーリンク

契約社員はデメリットしかない!(正社員と比較)

正社員と比べた契約社員のデメリットをご紹介します。

  • 社会的地位が低い
  • 経費削減の対象になる
  • ボーナスがなかったり年収が低い
  • 正社員がしない雑用をさせられることがある

社会的地位が低い

契約社員は正社員のように無期雇用ではないので不安定と見られているため、社会的地位が低いです。

例えば住宅ローンを組むときでも、契約社員は組みづらかったり…。

ともまま

正社員と同じように仕事をしていても「契約社員」というだけでマイナスイメージ!納得いかないけれどこれが現実です><

経費削減の対象になる

会社が人件費削減を考えたときに、企業は正社員は理由なく解雇できませんが、契約社員は次の更新をしなければ良いだけです。

契約社員の5年ルール

契約社員 5年ルール

同一企業で5年以上働くと、契約社員は無期雇用を申し込む権利を得ます。もし申込みがあった場合、企業はそれを拒否することができません。このことをよく「契約社員の5年ルール」と言います。

この5年ルールを「5年働いたら契約社員は正社員になれるんでしょ?」と勘違いしている人もいますが、無期雇用=正社員ではなく、「本人が望めば契約社員としてその企業で雇用期間の定めなく働き続けることができる」ということです。

そのまま正社員になれるケースもゼロではないけれど、ほとんどないと思っておいた方が良いです。

ともまま

そして、無期雇用になったからといって正社員と同じ待遇を受けられるようにはなりません。企業側は待遇を変えなければいけない義務はないため、給与などの条件は変わらず雇用期間が有期から無期になるだけ…と思っておいた方が良いでしょう。

契約社員は5年経過すると必ず無期雇用になるの?

契約社員 5年 無期雇用

5年働き、その間に企業側から契約更新をしない旨を伝えられていなかったらなれる可能性が高いです。(前もって最長5年など提示されていない場合)

けれど、そうならないために、企業側は契約満了の30日前までに契約更新をしない旨を労働者に伝えて「雇止め」をしてくることが多いと言われています。

雇止めとは、企業側が5年間就業する契約を更新する前に契約を終了することを言います。

例えば、1年更新の契約社員で最初の1年間を働いた後に4回契約を更新し、その契約期間が満了する30日前までに(あと一ヶ月で5年!)、「次の有期労働契約は更新しませんよ。」と予告してくるのです。

企業としては契約社員を無期雇用にしなくても、次にまた新しい契約社員を雇った方がリスクが低いですからね。。。

ともまま

景気が悪くなっても解雇できない無期雇用の契約社員を雇うよりも、契約を更新しなければ良いだけの有期の契約社員に働いてもらった方が企業としては良い…。有期契約の契約社員は使い捨て要員だなぁと働きながらいつも思います。

ボーナスがなかったり年収が低い

契約社員が正社員と同じ条件でボーナスがあったり、給料が同額のことは少ないです。

私の場合は時給制です。ボーナスは正社員にはあるけれど契約社員の私にはないです。また、契約社員で働いている私の友人は月給制でボーナスもあるけれどどちらも正社員よりかなり低く年収は正社員の2/3くらいしかもらえていないと嘆いてます。

正社員がしない雑用をさせられることがある

これは私の場合のみかもしれませんが、来客対応やお茶出し、皆んなで共有のキャビネットの掃除は契約社員の私の仕事です。

私がとても忙しくしていて正社員がおしゃべりしていても契約社員の仕事と思っているのか代わりにしてはくれません。

契約社員はデメリットしかない!(派遣社員と比較)

派遣社員と比べた契約社員のデメリットをご紹介します。

  • 相談する人がいない
  • 派遣より責任が大きい
  • 一回の契約期間が長い
  • 契約が終わればまた一から求職しないといけない

担当者がいないので相談する人がいない

契約社員

派遣社員は派遣会社と契約して就業先に派遣されますが、契約社員は企業と個人間の契約です。派遣の場合、仕事上の困ったことや悩みは派遣会社の担当者に相談することができますが、契約社員にはその相談する人がいません。

前職の派遣では「何かあればいつでも相談してくださいね。」と担当者が言ってくれていました。たとえ実際には相談しなくても、そういってくれる人がいるだけで安心します。

ともまま

一方、現在は就業先に他に同じ立場の人(契約社員)がいないので、全て自分で抱え込み。不満や不安を話せる人がいません。

派遣より責任が大きい

直接雇用なので派遣よりも責任の大きい仕事を任されることがあります。

私の場合は以前は正社員がしていた仕事をしています。これは責任が大きすぎるのでは?という仕事も上司に言われれば仕方ありません。また、初めてするこの仕事に誰のチェックも入らないの?!とビックリすることもあります。

ともまま

派遣と比べて契約社員は責任が重いなぁと感じています。

一回の契約期間が長い

派遣社員は3ヶ月更新に対して、契約社員は1年更新のことが多いです。条件の良くない雇用条件で縛られる期間が長いので次を考えづらくなります。

契約が終わればまた一から求職しないといけない

契約社員

派遣社員の場合、契約が終了しても働きぶりが認められていれば、同じ派遣会社から仕事が紹介されやすくなります。けれど契約社員はまた一からのスタートです。

ともまま

何年間も契約社員としてしっかり働いても、次に転職活動する時に自分の働きぶりを知ってくれる人はいません。
スポンサーリンク

契約社員のメリット

デメリットしかない!と書いてきましたが、メリットも少しだけあります。

契約社員のメリット(正社員と比較)

時給制の場合は遅刻や早退がしやすいです。

私の場合、長男の学校の旗振り当番で遅れる、次男の保育園から体調不良でお呼び出しがかかるなど遅刻や早退することが多いです。その時でも半休を取らなくてもその分給料が出ないだけなので、有給は本当に使いたい時に使えます。

ともまま

私が正社員と比較して感じているメリットはこれだけです。もし月給制だったら、メリットないかも><

契約社員のメリット(派遣社員と比較)

  • 有給が入社してすぐにもらえた
  • 交通費が支給される
  • 社員と同等の昇給がある
正社員に比べると派遣社員と比較すると少しメリットが増えました!

ただ、有給が入社してすぐもらえない、昇給がない契約社員もたくさんあります。また交通費が支給されても派遣より給料が低い場合もあったり、最近は交通費の支給される派遣もあります。

ともまま

正直、「契約社員はこんなメリットがあります!」といえる程ではないのかなぁと感じています。

契約社員が向いている人

派遣じゃなくて企業に直接雇用されて働きたい!という人には、契約社員なら正社員よりもハードルが低いので採用される可能性が高くなります。

また、子育て中などで残業できない、時短で働きたい!という人には契約社員は正社員よりも融通がきくため働きやすいと思います。

ただし、子育て中などで時間に制約がある方は、次の仕事が見つけやすくて子育てを優先しやすい働き方…と考えると、契約社員よりも派遣社員の方が働きやすくておすすめです。

ともまま

派遣社員の方が求人数が多いので、より自分のライフスタイルに合う仕事を選べます!

まとめ

企業の直接雇用なので正社員に近いイメージをもっていましたが、実際に働いてみると、私の場合はデメリットしかない!といえるくらい日々働きづらさを感じています。

ただ、同じ契約社員でも企業によっては、私より良い条件もあれば悪い条件の場合もあります。一例として参考になっていれば幸いです♪

ともまま

私は正社員と契約社員、派遣社員を全て経験してみて「とにかく安定や社会的地位を求めるなら正社員」「正社員では採用されないけれどとにかく直接雇用されたいなら契約社員」「時間に制約のある人は派遣」だと感じています。あなたはどんな働き方をしたいですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA