派遣社員と正社員の違いとは?年収・待遇・責任で徹底比較!

非正規社員と正社員の待遇格差

同じ会社で働く場合でも、正社員・契約社員・派遣社員・パートやアルバイトなど色々な働き方があります。

その中でも今回は正社員と派遣社員の違いについて、どちらも経験したからこそ分かったことも交えながらご紹介します♪

派遣社員と正社員の違い

一番の違いは雇用主です。

正社員は就業先の企業の無期雇用に対し、派遣社員は派遣会社の有期雇用です。
雇用主も雇用形態も違うので、正社員と契約社員では収入や待遇などに違いがたくさんあります。どんな違いがあるんでしょう?!気になりますよね!

派遣社員と正社員の年収の違い

働くなら、なるべくたくさんお給料は欲しいですよね!

派遣って年収が低いイメージがありませんか?
実際、私が正社員から派遣社員になった時には年収が下がりました。ただ、月々の生活が苦しくなることはなかったです。

なぜって?それは、お給料は正社員の時より増えたからです。

派遣の給料は?

派遣社員 正社員 違い
派遣に年収が低いイメージを持っている方は、派遣の給料は正社員より少ないと思っている方が多いのではないでしょうか?!

たしかに同じ部に所属していて同じような仕事をしていても、正社員の方が数万円給料が多い…なんてことも企業によってはあります。年齢が自分(派遣)より若く社会人歴が短い正社員の方がたくさん給料をもらっている…なんてことも。

けれど派遣の方が正社員より給料は多いとよく聞きます。実際、私が派遣で働いていた時も未経験職種だったにもかかわらず、月々の給料は正社員より多くもらっていました。

ともまま

じゃあ、派遣になってもそんなに年収変わらないんじゃない?…いいえ、ボーナスと交通費で差が出ることが多いんです。ボーナスで返済などがある方は注意です!

派遣はボーナスはあるの?

正社員でボーナスの支給のない企業もたくさんありますが、支給のある企業に派遣されても派遣社員にはボーナスはありません。

派遣にボーナスがあるという話もあったりするようですが、あっても少額、しかも稀なので期待は出来ません。派遣にボーナスはないと思っておいた方がよいです。

ボーナスのある企業に派遣された場合、たとえ給料が正社員よりも多かったとしても、ボーナス分で正社員の方が年収がグッと高くなります。派遣だとボーナス支給日は切ない気分になったりするんですよね~><

派遣は交通費はもらえるの?

正社員でも上限がある企業もありますが、交通費はほぼ支給されますよね。

派遣でも最近は支給される会社も出てきましたが、支給されない場合がまだまだ多いです。また、交通費が支給されるとその分、時給が下げられることもあります。

一ヶ月2万円の交通費がかかるなら、交通費支給のない派遣と交通費全額支給の正社員の場合、年収は24万円変わります。大きいですね。。

ともまま

給料が正社員より高い場合でも、ほとんどの場合、賞与や交通費で派遣社員の年収は正社員より低くなります。

派遣社員と正社員の待遇の違い

お金に関する以外の待遇も気になりますよね!

派遣の残業は?

派遣 残業
正社員は企業毎の規則の元で就業です。就業時間は就業規則で決められています。残業の有無は部署によって、もしくは上司によって変わります。

残業代は正社員の場合、1分単位でつけられる企業もあれば、一ヶ月◯時間分は給料に含まれるといった企業や、就業後30分は休憩時間で休憩時間終了後から残業代が発生するといった社員にとって不利な規則があったり、未だに何となくつけられない…といった企業もあります。

一方、派遣社員は給料に残業が◯時間分は含まれる、残業をつけられないといったことはありません。

もし就業先にそのようなことを言われた時は派遣会社に相談しましょう。また残業した場合、派遣会社によって10分単位、5分単位などつけられる単位が違います。就業前に何分単位で残業をつけられるのか派遣会社の担当に確認しましょう

ともまま

残業が出来ない場合は残業なしの求人を選ぶこともできます。←私はこれです♪

派遣の有給休暇は?

派遣 有給休暇
派遣社員でも一定の基準に達していると年次有給休暇が与えられます。

MEMO
年次有給休暇とは、全労働日の8割以上出勤している場合、入社6ヶ月時に10日間の有給休暇が付与され、その後は年数が増えるにつれ、有給休暇が付与される日数も増えていき、最終的には年間で20日間付与されることになります。

また、アルバイトやパート、一週間に5日未満の勤務の派遣などで所定労働日数が短いケースでも年次有給休暇を付与するために「年次有給休暇の比例付与」という制度が設けられています。

正社員の場合はこの年始有給休暇の他に企業ごとに決められた有給休暇がある場合があります。入社後すぐに有給休暇が付与されたり、1時間単位で有給消化できたりする場合も!

派遣にも入社後3ヶ月超えたら1日有給休暇がもらえる…な~んて派遣会社ごとに独自の福利厚生があってもいいのにな~。登録者増えると思うんですけどね。残念ながらそんな福利厚生のある派遣会社は聞いたことがありません。

派遣に慶弔休暇、忌引き休暇はあるの?

正社員の場合、忌引休暇、介護休暇、生理休暇など、福利厚生として企業ごとに決められた休暇が与えられることが多いです。

じゃあ派遣にも慶弔休暇、忌引き休暇があるの?介護休暇は?…..残念ながらありません。派遣は休むことは出来たとしても、給料は発生しません。休んだ分だけお給料が減ります。

また、例えば電車の遅延で遅刻した場合、正社員は遅延証明書を出せば給料から差し引かれることはないことがほとんどですが、派遣の場合は理由が何であれ就業した分だけの給料しか支払われません。

派遣の雇用期間は?

正社員は本人が自ら辞めるか会社が倒産しない限り定年まで働くことが出来ます。

一方、派遣社員は同じ会社の同じ部署では最長3年までしか働けません。どんなに頑張っても、直接雇用に変わらない限り3年で次を探さなければいけません。そして、直接雇用になれる可能性はかなり低いと思っておきましょう。

正社員でも企業が倒産する可能性もあるので、安定してるとはいえません。

ただ、倒産して次の正社員で働いた会社も3年で倒産、次もまた3年で倒産…なんてことはほとんど考えられませんよね(笑)安定を考えるなら正社員の方が良いでしょう。

派遣社員と正社員の立場の違い

派遣社員と正社員は一見は分かりません。外部の人から見ると、みんな同じ。ただ、働いてみると立場の違いを感じることがあります。

派遣は責任ある仕事を任される?

派遣 責任
正社員の方が責任のある仕事を任されることが多いです。

例えば、事務職でいうと書類作成や伝票処理など日常的な定型業務を派遣に任せることで、正社員はより高度な判断やスキルを要求されるコアな業務に専念することができたりします。この場合、派遣社員は縁の下の力持ち的な役割です。

特別なスキルを要求される仕事でも、派遣はここまでの業務を、ここからは正社員が~といった線引きがあります。

コアな部分まで関わって責任のある仕事をしていきたいなら正社員の方が良いでしょう。

ともまま

私は育児を優先に働きたいと思っているので、責任の大きい仕事はしたくありません。私のような人には仕事の範囲や責任が限られている派遣はおすすめです。

派遣の人間関係は?

これは会社や部署によります。

以前派遣の実績のある企業の場合は分かる範囲で派遣会社の担当が教えてくれます。また、初めて派遣する企業の場合も企業の担当の方の性格を教えてくれるので、何となく社内の雰囲気を想像できます。人間関係について、事前に派遣会社の担当に必ず確認しましょう。

ともまま

中には派遣に冷たい会社もあるようですが、私が派遣で就業した企業の方たちはとても優しかったです!

ただ、派遣にとって人間関係が良く居心地が良い会社でも、任される仕事や待遇の違いから孤独を感じることはあります。派遣は長くても3年のお付き合いです。正社員と同じような人間関係を築くのは難しいと思います。

派遣社員のメリット・デメリット

派遣 メリット デメリット

派遣のメリット

残業の有無が入社前に選べる、就業時間や一週間に働く日数が選べる、就業場所が選べる(自宅近くで働きたい!など)、企業の規模が選べる(大企業のOLになりたい!など)と、自分の希望に近い就業先を選ぶことが出来ます。

正社員になると希望に近い企業を選ぶのは難しいですし、時短制度があっても入社時から時短希望の人材を採用する企業は少ないです。

派遣のデメリット

休みの多い月はお給料が減る、ボーナスや交通費がない(場合が多い)、各種手当がない(残業代のみあり)、忌引休暇・介護休暇・生理休暇など年始有給休暇以外の休みがない、交通機関の遅延の場合でも遅延分は支給されない、など実際に就業した時間×時給分しか稼げません。

正社員より年収が低かったり、3年ごとに仕事を変わらないといけないなど正社員より不安定です。

年収が低い、そして不安定なんて、一見デメリットだらけにもみえますよね。

ともまま

けれど、子育てを優先したい、自分の時間を大切にしたい人には、時短勤務前提で入社できたり、休みやすかったり早退しやすかったり、自分のライフスタイルに合わせて働けるのでたくさんのメリットがあります。

正社員のメリット・デメリット

正社員 メリット デメリット
次に正社員のメリットとデメリットです。

正社員のメリット

月給制のため毎月安定して一定額の給料がもらえる、企業によっては基本給以外にも住宅手当・資格手当・扶養手当などがあったり、交通費の支給があったり、ボーナスがあったり、退職金ももらえます。

また、昇給があることが多く、年数がたてば昇格してお給料が大幅アップすることも!

正社員のデメリット

年数とともに責任が増えたり、複雑な人間関係に悩んだりしてストレスが増える場合があります。責任のある仕事に従事していると有給が取りにくかったり残業が増えたり、子育てに理解の少ない企業の場合は子供のために休暇を取りにくいなど、自分の時間を取りづらいことがあります。

収入の安定の代わりに、自分の都合に合わせることが派遣より難しいです。

ともまま

安定の代わりに責任の重さも増えていきますが、責任ある仕事がしたい、安定した収入を手に入れたいと思う方には正社員をおすすめします。

派遣社員と正社員、結局どっちがいいの?

これは人それぞれです。

派遣社員と正社員どちらにもメリットとデメリットがあります。ある人にはメリットに感じることでも、人によってはデメリットになることもあります。

派遣に向く人

  • 手のかかる年齢の子共がいるママ
  • 専業主婦をしていたけれど久しぶりに仕事復帰したい人
  • 正社員で働くのに疲れた人
  • 会社に縛られたくない人
  • 色々な仕事がしたい人
  • 雇用期限よりも、自分好みの働き方や職場を選びたい人

また、いづれ起業したいのでそれまでになるべく多く稼ぎたい…なんて人にとっても、派遣は正社員のように縛られず、パートやアルバイトよりも時給が高いのでおすすめです。

正社員に向く人

  • 子育て中でも近くに子育てを手伝ってくれる身内がいるからバリバリ働きたい!といったママ
  • とにかく安定を求める人
  • 3年ごとに職場を変わる自信がない人
  • 一つの会社で長く働きたい人
  • 責任のある仕事をしたい人
  • 出世したい人

正社員はすぐに決まらないこともありますが、諦めずにチャレンジしましょう!

ともまま

派遣社員と正社員の違い、メリット・デメリットも知ったうえで、自分にあっているのは派遣と正社員どっちなのか?働くうえで何が譲れないのか?何が一番大切なのか?を考えて選んでくださいね♪♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA