【働き方】派遣社員を経験して感じた、派遣に向く人・向かない人

派遣

私は昨年40代にして初めて派遣社員になりました。子育てに優しい会社だから安心してくださいと言われて働き始め、仕事にも慣れたある日、「若い将来正社員として採用する契約社員を採用する流れになった」と、突然の契約終了を告げられました。一言で表すとえ〜〜〜っ!って感じ。

長期契約って言ってたよね?!前回の更新の時に褒めてくれてたよね?!子育てに優しい会社って言ってたよね?!

>【働き方】長期契約のつもりが突然の終了宣告。それでも派遣は悪くない働き方だと思うのはなぜか

言われた日はそれなりにショックでしたが、辞めると知った方から「お世話になったのにとても残念」、社内の方からも「上の方針なので仕方ないけれどとても残念」などとても嬉しい言葉をいただき、仕事の通知表をいただいたかのようでとても嬉しかったです。社交辞令でも嬉しかったです笑

辞める時にはたくさんプレゼントをいただきました。とても嬉しかったです。
派遣

そして現在は契約社員。契約社員といっても時給制…交通費が支給されたり、会社の社会保険に加入はしていますが、扱いは派遣社員と同じです。

派遣社員に抱いていたイメージ

ずっと正社員で働いてきて、自分が派遣社員や契約社員になる事は考えていませんでした。派遣社員って「不安定」「人間関係とか大変そう」「年収低いよね」etc…これが私が派遣に抱いていたイメージです。ネガティブ〜〜〜!

私は何となく、自分は派遣には向かないとずっと思っていました。でも違ったんです。働いてみて、私は派遣に向いていると感じました。そこで私の感じる派遣に向いている人・向いていない人をご紹介します。派遣ってどうなの?と悩んでいるあなたの参考になれば幸いです。

派遣社員に向く人

派遣

責任感の強い人

これは正社員でももちろん、働く人には必ず必要ですよね。しかし派遣社員にはより必要です。

派遣社員は基本的な仕事は出来て当たり前。基本的な事は教えてもらえません。出来ないことでも自分自身で吸収して成長していかなければいけません。正社員よりも責任の少ない仕事を任されることが多いですが、責任がないわけではありません。与えられた仕事はそつなくこなし、プラスアルファを求められます。

教えてもらってないから分かりません。では期待外れ。優秀な派遣社員は他にたくさんいます。あなたで良かった!そう思ってもらえるように責任感を持って仕事を進め、スキルアップしていく努力が必要です。

人間関係を割り切れる人

私はとても人間関係のよい環境で働いていましたが、それでも、派遣社員はよそ者と感じることが多々ありました。職場に派遣社員が私だけだったからよけいかもしれませんが…。

紹介される時に、「派遣で来てもらっている○○さん」「派遣の○○さん」と言われたりします。気持ちのいいものではないです。派遣会社にFAXする時も、許可をもらっていても、人様のコピー機を借りている気分。よそ者ですから。

こんな状態、あなたは気になりますか?

私は時間とともに全く気にならなくなりました。入社してすぐに保育園のお呼出しで帰ったり、勤務時間を変更してもらったり、正社員では無理なことも派遣社員だからこそ聞き入れてもらえました。それで十分。お互い距離を置いた人間関係の方が働きやすかったです。

育児中・介護中などで働く時間に制約のある人

派遣
私は派遣は「自分のライフスタイルに合わせて仕事(職場)を選べる素敵な働き方」だと思っています。

>【働き方】正社員から派遣社員へ。40代にして初めて派遣社員になって感じた特権
>【働き方】派遣社員の特権!30分終業時間を早めるだけでこんなに違うなんて!心も身体も軽くなりました

育児や介護に理解のある職場で働けば、保育園の呼び出しもへっちゃら。時給制ですから、働かなければお給料が減るだけ。申し訳ない気持ちも半減です。

色んなことを経験したい人

私の人生初の派遣社員は人材コーディネイターでした。事務経験はあったものの、人と接する仕事は未経験です。正社員なら応募していません。派遣だからこそ、チャレンジしてみようかなと思えました。

大変なことは多かったですが、良い経験になりました。

仕事とプライベートを分けたい人

派遣の前は在宅勤務の正社員。仕事とプライベートの境がなく休みの日でも落ち着きません。常に仕事のことを考えている状態。とても疲れました。派遣社員で働き出してからは、休みの日は一切仕事を考えなくなりました。平日も一歩会社を出れば、スパーンと仕事は忘れます。

今の契約社員も同じく。時給制ですから、時給をもらっている時以外は仕事のことを考える必要はないと私は思っています。

スポンサーリンク

派遣に向かない人

派遣

責任感のない人

会社にもよりますが、育児や介護に理解のある会社に勤めると、早く帰ったりお休みをいただいたり、派遣社員の特権を感じることが多いです。
しかし、だからといって仕事が減るわけではありません。責任感を持って限られた時間の中で仕事をこなし、常に急なお休みに対応できるように仕事も進めていかなければ信頼されません。

人間関係にナーバスな人

派遣社員のよそ者感が耐えられない人には無理です。歓迎会がなくても当たり前。あれば、ありがたいくらいの気持ちでなければ、入社早々にショックを受けるかも。

ちなみに「人見知り」はあまり心配しなくても大丈夫!私は人見知りをしますが、入社すると覚える事が多くて、人見知りをしている暇はありませんでした。教えてくれる方がとても素敵な方だったのも幸いでしたが、多くの場合、仕事を通して人間関係をつくっていくため、人見知りは派遣社員にとっては気にしなくても大丈夫なんだと感じました。

仕事の進め方にこだわりのある人

私のやり方…これは一旦、忘れましょう。同じような仕事でも、仕事の進め方は会社によって違います。仕事に慣れて、周りに迷惑がかからなければ自分のやり方を出しても良いですが、入社早々に「このやり方は効率が悪い」「えっ?!こんなやり方ですか?」…とても感じが悪いです。

「郷に入っては郷に従え」という新鮮な気持ちで、職場のルールを覚えていけない人は、周りを不快にさせてしまうかも。

安定を求める人

派遣社員は「不安定」です。私のように長期就業のつもりが、1年未満で終了なんてことも。どんなに頑張っても直接雇用にならなければ、長くて3年。安定を求めるなら、正社員を探しましょう。

ちなみに私も不安定より安定を求めます。しかし、派遣社員の良さを感じてからは、不安定は気にならなくなりました。

いかがでしたか、派遣される会社によって、変わることもありますが、40代育児中の私が人生初の派遣社員を経験して感じた、派遣に向く人・向かない人です。あなたはどちらに当てはまりましたか?








こちらの記事も合わせて読みたい