【ふるさと納税】2,000円で自治体から豪華なお礼が届く素敵な制度!外食費を浮かせて二重でお得

ふるさと納税

最近は「ふるさと納税」の制度を見たり聞いたりすることが増えました。
「ふるさと納税」は簡単に言うと、「2,000円で豪華なお礼が自治体から届く素敵な制度」です。

私は昨年末に「ふるさと納税」を利用しているママ友にその素敵な制度を聞き、すぐにでも試してみたかったのですが未だに利用していません。今年も利用はしません。その理由は後ほど。

しかし、来年は必ず利用します!
という事でその時のために、お勉強です。いつもギリギリになって焦るので。。。

ふるさと納税とは

「ふるさと納税」とは、日本各地にある自治体に寄附し、それにより自治体から特典が送られてきます。お肉やお米、お菓子、果物など、その土地の美味しいものが届いたりします。また、その地域の宿泊優待券が届く場合も。

どこに寄付する?

寄付する自治体は、住んでいる市区町村以外でも全く問題ありません。また、複数の自治体に寄付しても構いません。欲しい特典のある自治体に寄付している方が多いのではないでしょうか。

しかし、私のように生まれた場所から引っ越している場合は、生まれ故郷にしても良いですよね。また、「ふるさと納税」では、使い道を明らかにして寄付の募集を行っている場合が多いので、使い方で選ぶのも良いと思います。被災地の復興の応援も良いですね!

自己負担は2,000円です

「ふるさと納税」をすると、寄附をした金額の2,000円を超える部分については寄付控除の適用を受けられるため、所得税・住民税から全額が還付・控除されます。そのため「ふるさと納税」は寄付なのに納税と呼ばれいます。

例)年間10,000円の寄付をすると8,000円の寄付金控除
年間50,000円の寄付をすると、48,000円の寄付金控除

すごい制度です。改めてびっくり!
以前は会社員は確定申告が必要だったようですが、現在は5自治体への寄付までであれば確定申告を行わなくても自動的に翌年の住民税が安くなる「ワンストップ特例制度」ができました。私のような面倒くさがりやでも、これなら出来そうです。

豪華なお礼の品が届きます

寄付をすると多くの自治体からは、お肉やお米、お菓子、果物など、その土地の美味しいものや宿泊優待券などがお礼の品として送られます。

普段自分で購入するには豪華すぎるお肉などが届くと、それだけで外食の代わりにもなるので外食費が抑えられ二重でお得。お米も普段より美味しいお米が実質2,000円負担で何キロも届くとお得ですよね。

ふるさと納税 さとふる

ふるさと納税について教えてくれたママ友から、明太子のお裾分けをいただきましたがとっても美味しかったです!

その際に聞いたのですが、いくらが送られてきた時に冷凍で届けられたのはいいのですが、大量に一纏めに冷凍されていたので少しづつ楽しめなかったと。もう少し少量づつ分けて冷凍されていたら良かったのにと言っていました。お礼の品物で選ぶ際はこの辺りも見た方が良さそうです。

限度額ってあるの?

「ふるさと納税」で控除される金額の上限は、所得額や家族構成、他の控除の有無、個人事業主か否かなどにより変わってきます。節税目的でたくさん「ふるさと納税」をしても、人それぞれ限度額が違いますので注意が必要です。

我が家の場合
我が家の場合は、現在のマンションは夫と私で6:4の割合での所有です。そのため、お互い住宅ローン控除の恩恵を受けています。そしてお互いに貯蓄型の保険料も多く支払っているために、年末調整で所得税は全額返ってきています。
私の場合は住民税からも差し引かれていると思います。そのため、「ふるさと納税」をしても還付・控除の対象にならない可能性が高いため今年も見送ります。夫は小額なら対象になりそうですが、もしかしたら実は対象になっていない可能性もゼロではないので無理はしません。

来年の引越し後の住宅は夫が10割になるため、私が始めてみようと思っています。また、自分が住んでいる自治体に行くと、きちんと計算してれますので、夫の限度額も聞いて来年こそ。

限度額をシュミレーションしてくれるページもありますが、我が家のように既に控除を受けている場合は正しい金額が算出されません。控除を受けていても算出してくれるサイトを探しましたが見つりませんでした。控除を受けていない方はこちらのページが参考になります。>控除シミュレーション

算出されたギリギリの金額まで寄付ではなく、少し余裕を持たせて寄付をしましょう。

もちろん、還付・控除の対象とならなくても純粋に寄付目的での「ふるさと納税」は出来ます。寄付金額は全額寄付。そしてお礼が届く。これだけでも素敵な制度です。私もいつかはそんな心とお金にゆとりのある人になりたいとな〜思います(願)

サイトを活用して「ふるさと納税」をする

「ふるさと納税」を行っているポータルサイトを活用しましょう。調べてみるとたくさんのサイトがあるんですね。迷います。

色々調べたところ、「さとふる」をおすすめしている人が多かったです。

掲載数だけで見ると「ふるさとチョイス」が断然多いのですが、多すぎても迷います。より多くのお礼の品から選びたい!という人にはおすすめですが、情報量が多すぎてサイトの使い勝手に不満があるとの声もありました。

スマートフォン対応、クレジット決済、情報量などバランスが良いのが「さとふる」。
あと、個人的には「楽天ふるさと納税」も気になります。楽天でお買い物をする感覚で「ふるさと納税」が出来て、楽天スーパーポイントも貯まります。期間を選べばポイント10倍にもなってお得です。

「ふるさと納税」を実際にしてから分かる事もあると思います。来年寄付したらまたアップしようと思います。サイトを見ると詳しく説明されていますので参考にして下さいね。
今年も残り少ないですが、今年中に始めようと思っている方はなるべく早く申し込みましょう。年末ギリギリに申し込むと自治体によっては来年度の申し込みになってしまうこともあるようです。

ふるさと納税 さとふる







こちらの記事も合わせて読みたい