小学生の塾はいつから?小3の2月?夏期講習?入塾を考えるときに大切なこと

中学受験

中学受験を考えるとまず「いつから子供を進学塾に通わせるか?」を悩みますよね。
公文や学研教室も「塾」ですが、今回はサピックスや日能研、早稲アカなどの「進学塾」について考えたいと思います。

最近は「小3の2月からサピックスや日能研、早稲アカなどの進学塾へ通い出すのがスタンダード」だと言われています。実際にこの時期から通い出す子は多いです。

けれど、現在小3の長男の周りを見てみると、小3の夏休み(夏期講習)から進学塾へ通い出す子の多さにビックリしました。

小3の夏期講習から始まる中学受験準備

長男の通う公立小学校はその年によって多少の差はあるものの、中学受験率がとても高い学校です。昨年度は80%だったようです。高っ!
以前は女の子の方が受験率が高くて、男の子だけでみると50%くらいだったのが、最近は男女ともに高くなっています。

そんな小学校でも小3の2月から進学塾へ通い出すのが一番多いと聞いていたので、現在、小3の長男は今年の夏休みはまだまだ先のこと…と思って、我が家では何も考えていませんでした。

勉強は学校の宿題と学研だけで良いかな~なんて思って過ごしていたところ、夏休みに入ってみると、あれ?何か夏期講習に通ってる子多いような?!

学童の代わりに夏期講習に通わせる

塾 いつから
長男の通う学校の学童保育は小3の3月まで利用することができます。

けれど小3になっても通っている子は数人です。長男も小2の2学期で学童保育をやめました。特に困ることもなく小2の冬休み、新小3の春休みと過ごし、迎えた小3の夏休み。もう学童保育を使わない生活に慣れていたので

学童を辞めてしばらく経つし、夏休みも何とかなるよね!
と考えていて、あまり気にしていなかったんですが、

小3ママ
長い夏休み、朝から夕方まで学童なしはやっぱり心配!時間がたくさんあるし暑くて公園も行けないから塾にでも行ってくれたら!

などと考えたご家庭は進学塾の夏季講習を申し込んだようです。

そして夏期講習が終わっても、「子供が嫌がらないから」「夏期講習で思ったよりも良いクラスに入れたから」「2月からスタートする予定が少し早まっただけ」と言って、2学期に入ってからも通塾を続ける子が多くてびっくりです。

夏季講習に通って、進学塾のセールストークにはまった親御さんも多いのかもしれません。

気軽に始められる夏期講習

これから通塾スタート!と考えるとあれこれ先のことまで考えて、悩んでしまってなかなかスタート出来なかったりするけれど、長い夏休みの習い事の一つとして期間限定の通塾なら気軽に始められます。

子供にとっても夏休みは時間がたくさんあるので通塾を抵抗なく始められるようです。

気軽といってももちろん有料ですが、中学受験を考えているご家庭なので数万円の出費は痛くも痒くもないでしょう。(我が家にとっては痛い出費ですけどね。)

長男の周りでは夏期講習を受けたお友達は全員、そのまま2学期から通常クラスに通っています。進学塾といっても小3の授業はまだ楽しく授業が進められているからか、親が無理やり通わせてるのではなくて子供も自然の流れで通っているようです。

なるべく早くから通わせたいのに子供が嫌がっている場合、夏期講習や冬期講習など長期のお休みのクラスなら嫌がらずに行くことが多いみたいです。

通塾は仲良しの友達の影響が大きい

小3になって子供が誰と仲良くしているのか?も進学塾にいつから通うのかに影響します。

小3になると中学受験を考えている子から「僕は受験するよ。〇〇は?」なんて聞かれたりするようです。〇〇君は塾に通ってる、〇〇君は通い出した、と知った長男は夏休み明けに

長男
僕、進学塾に通いたい。受験したい。

と言い始めました。少し前まで、

長男
勉強も大切だけど、僕はサッカーを頑張りたいな。塾は行かない。

って言っていたのに。

長男は、中学受験を考えていない子と一番仲良しです。それでも、その他の友達の話しを聞いて進学塾に通いたくなったようです。

長男が一番仲良しなお友達のお母さんは「出来れば中学受験はしないで公立中学に行ってくれたらな~。」と言ってます。それでも長男から色々と話しを聞く私は、進学塾の口コミを見たりすることが多くなっています。

そう、親子で周りに影響されるんです!「僕は今は塾よりもサッカーがしたい!」と思っていた長男でも、「うちはまだ先だな~」と思ってた私でも、周りに影響されるんです!

これがもし長男の仲良しの友達が「僕は受験するよ。〇〇(長男)も夏期講習行こうよ!」なんて言ってきたら、長男はその気になって、私も取り合えず夏期講習に行かせていたと思います。

実際、「男の子はあまり早くから進学塾に行かせても息切れするよ!」とアドバイスをくれていたママは3年生で子供が仲良くなった子の影響で夏期講習を申し込み、そのまま2学期も通常クラスに通わせています。

最初に聞いた時は「えっ?!私へのアドバイスは何だったの?」とビックリしたけれど、揺れる母心…。影響される気持ちは良~く分かります。息切れは気になるけれど、その子も今は楽しく通っているようなので通い始めるきっかけとしては成功なのかも。

小学生の塾はいつから?経験者ママから教えられた入塾を考えるときに大切なこと

長男の学年では全体の数からすると小3の2月から通塾スタートが一番多い様子です。
けれど、小3の夏季講習から中学受験に向けての通塾スタートした子が沢山います。この様子だと、小3の冬期講習からスタートする子もいるでしょう。

我が家は中学受験は子供の意思を尊重しようと考えているけれど、「中学受験するならいつから子供を進学塾に通わせるか?」は常に悩んでいるので、小3の夏休みに夏期講習に通っている子が多かったのに気付いたときは焦りました。

とりあえず通わせれば良かったかな~と。

けれど、夏休みが終わって一か月たって少し落ち着いて考えると「ブレずにいるのが一番」だと思っています。

進学塾では高学年になるにつれて色々とオプションのコースを勧められます。もちろん有料だし、子供の負担も増えます。子供のケアをする親の負担も増えます。本当に必要なものなら増やしていく方が良いけれど、経験者ママ曰く、我が子に必要のないものまで勧められるようです。そして多くは勧められたものは受けさせるようです。

経験者ママと話していて教えられたことは「ブレないこと」。

通塾をいつからスタートするのが良いか?は、子供の意思や性格を考えて決めたらブレない。
我が子にとって必要なもの不必要なものは進学塾のセールストークに惑わされずにブレずに選択する。

とにかくブレない!

子供が「これ欲しい!〇〇君も〇〇君も持ってる。」なんて、誕生日でもクリスマスでもないのに高いものを買って欲しいと言ってきたら「人は人。うちはうち。」とは言ったりしませんか?中学受験も一緒です。

長い受験勉強期間です。いちいち周りに影響されていたら、この先、親子で大変!ブレずに何が本当に大切か必要か選択していけたら良いですね!

ちなみに夏休み明けに「進学塾に通いたい!中学受験したい!」と言っていた長男ですが、もう自分の言ったことを忘れてます。一瞬、友達に影響されただけだった様子。真に受けなくて良かった~。








こちらの記事も合わせて読みたい