中学受験不合格体験記。不合格で感じるその後の劣等感

中学受験 不合格

春から小3の長男の中学受験に悩む私ですが、遠い昔、私も中学受験をした経験があります。

私は今は東京に住んでいますが地方出身です。私が受験したのは地方でもう何十年も前..。当時は中学受験をする子はとても少なかったです。

私の志望校は中学・高校・大学とエスカレーター式の私立の女子校でした。難関校ではありません。倍率は2倍くらいだったかな。

受験した学校は中学校で入学すれば、高校はよほどの事がない限り進学できました。大学は普段の成績と進学のための学力テストの成績で進学できる学部が決まるため、第一志望の学部で成績が足りなければ第二、第三、第四と希望からは遠ざかりますが、こちらもよほどのことがなければどこかの学部に入ることが出来ました。

中学入学してから、その後10年間は受験勉強をする必要はなく、のんびり過ごせます。なんとも贅沢な学生生活です!

勉強しない中学受験

中学受験
さっき、私の志望校と書きましたが、正しくは親の志望校です。

そう、私は中学受験に全く興味がありませんでした。受験する友達もいなかったし、中学受験って何なの?レベルです。

私には姉が二人いるんですけど、二人とも同じ中学を受験し、合格してそのまま中学→高校→大学へと進学しました。

上の姉は歳が離れているので分かりませんが、下の姉は年子。すぐ側で姉の中学受験を見ていたはずなんですが、受験勉強をしていた様子が見えなかったので私も同じように勉強しませんでした。もちろん進学塾も行かず。ドリルを一冊したかどうか?

そんな私に親は何も言ってきませんでした。勉強しなくても受かると思っていたのか?受かったらラッキーくらいに思っていたのか?期待を背負わせないための配慮だったのか?分からないけれど、何も言われた記憶がないです。

進学塾に通わずに中学受験する子はいますが、ほぼ何も勉強せずに中学受験をする子は今では考えられないですよね。

私の中学受験の不合格体験記

別に受かりたい気持ちがなかったんです。親が受けなさいというから受けた。ただそれだけ。
そして落ちた。ただそれだけ。

これが受験前後の私の気持ちです。

不合格通知が届いた日、「あっそうなんだ落ちたんだ。」とほんの少しの驚いたのは覚えています。だって年子の姉は勉強している様子がなかったのに合格していたから。「あっ落ちるんだ。」って思いました。もしかしたら心のどこかで受かると思っていたのかも?けれどあまりショックは無かったです。

塾にも行ってなかったし、勉強もほぼしていなかったので、悔しい思いもゼロでした。

落ち込んでいると思われたくなかったので(落ち込んでなかったし)「落ちたよ〜♪」なんて明るく報告していました。両親もいつも通りで何も変わらずでした。この時の両親の反応は今から思うと助けられていたのかもしれません。

中学受験の不合格で生まれた劣等感

中学受験 不合格
小学校卒業後は公立中学校へ入学し、受験に失敗したことなんかすっかり忘れ、憧れの先輩が出来たりしながらそれなりに楽しく過ごしました。

中学校に入学してからは進学塾へ。志望校は中学で不合格になった学校の高等部です。高校から入学して高校→大学へのエスカレーター狙い。なぜなのか分からないけれど、我が家はその学校へ入るのが親の敷いたレールでした。それに疑問も感じていませんでした。

塾へは高校受験に向けて1年生から通っていましたが、いよいよ本格化してきたのは3年生になってから。その頃になると中学受験に不合格した経験が自分の中で劣等感になっていました。

「また落ちたらどうしよう」その気持ちから、「お姉ちゃんは合格したのに私は落ちたしまた落ちるかも…。」「同じ学校にまた落ちたら格好悪いよね。」「中学受験で落ちたしね..私…。」とネガティブな気持ちが次々と出てきました。

ネガティブな気持ちが出てくると、勉強をしていても不安で不安で追い立てられているような気分になります。まさか中学受験に失敗したことで、そんな気持ちになるとは夢にも思っていなかったです。

スポンサーリンク

高校受験に補欠合格して言われた言葉

中学受験 補欠合格
中学校3年生の夏休み以降は思うようにあがらない成績に焦る焦る!塾と家でずーっと勉強していました。不安は勉強することで打ち消すしかありません。よくある受験生の姿ですね。

そして何とか、中学で落ちた学校に高校で合格することが出来ました!…但し、補欠で!

補欠合格とは、第一志望が別にある場合、合格者の中から入学辞退者が何人か出ます。その入学辞退者の人数によって、補欠合格者の中から上から順番に入学の意志を確認する事になります。辞退者が多くて入学する人数が減ると学校も収入が減るため大変です。そうならないような措置なのでしょう。

私の場合は早々に正式に合格の連絡がきたため、ひやひや過ごしたのは数日でした。入学できることが分かるととても嬉しかったです。合格したぞー!!て。

なのに、そこで誰かに言われたんです。(誰だったのかは忘れたけれど母か姉かな)

「おめでとう。中学で落ちたから、高校は合格させてくれたんじゃないの〜?笑」と。

家族は落ちた後に「落ちたよ〜♪」と明るく報告した私しか知りません。だから冗談半分で言ったんでしょう。まさか中学受験に不合格したことで劣等感を感じていたことなんて知らないから。

けど、これってひどいですよね。苦笑 補欠でも合格は合格です!余計な一言を言わずにお祝いしてあげてくださいね!

子供が中学受験をする時に気を付けて欲しいこと

中学受験
私は中学受験で失敗したことで「自分は人より(姉より)劣っている。」と感じて高校受験に対してとても不安になりました。

親に期待を背負わされての受験じゃなくても
中学受験に興味がなくても
進学塾に行かず勉強していなくても
不合格を誰からも責められなくても
公立中学で楽しく過ごしていても

それでも、その後、劣等感を感じました。また落ちた時の自分を想像して、不安で仕方がなかったです。

一生懸命勉強して親の期待も背負って受験して不合格になったらどう感じるでしょう?

中学受験のために塾で一生懸命頑張って勉強していたものの途中で挫折した場合はどう感じるでしょう?

私とは比べられないくらいの想いを抱えるはず。それは不合格が分かった時だけではなく、私のように中3くらいで劣等感で不安になったり自分に自信をなくすこともあるでしょう。

受験の際には過度な期待を背負わさないでください。挫折した時も傷ついていることを忘れないであげてください。
一緒に戦ってきた家族も大変だったでしょうが、一番、心身ともに疲れているのは子供です。

不合格だったときにして欲しいこと

もしも中学受験が不合格だったら…私はまだ親としては未経験なので、実際に子供が中学受験をして不合格になったとき、自分にどういう感情がわくのか分かりません。けれど、頑張らなかった中学受験とはいえ失敗した経験から「して欲しいこと・して欲しくないこと」は分かります。

「不合格はあなたにとって良い経験になるよ」なんて慰めはいりません。

腫れ物に触るようにしないでください。

どれだけお金と時間をかけたと思ってるの?!なんて間違っても言わないでください。

一緒に泣かないでください。

どうぞ、黙って優しく抱きしめてあげてください。

中学受験

その後は元気になるために、好きな物を思いっきり食べたり、今まで我慢していたお出かけも良いですね!受験勉強で心身ともに疲れています。親子で元気になって楽しみましょう!

これは、もしお子さんが中学受験勉強を途中で挫折した時にもぜひ!

子供の自信を取り戻してあげられるように、不安にかられることのないように、子供の気持ちを最優先に考えてあげてくださいね。








こちらの記事も合わせて読みたい