中学受験は必要?低学年から先取り学習?小2で中学受験について考える②

中学受験

我が家は近所の公立中学校に魅力も感じつつ、都立の中高一貫校の受験も考えています。また、私立の中高一貫校も学費が何とかなれば視野に入れたいと思っています。

参考中学受験は必要?低学年から先取り学習?小2で中学受験について考える①

今の長男の学力はごくごく普通..平均レベルです。行かせたい都立の中高一貫校の偏差値は60台後半。かなり無謀!もしこの先、経済的に私立に行かせてあげられるようになったとしても、偏差値60くらいは狙いたいところ。でも悲しいかな、今の学力じゃね〜といったところです。

けれど、まだ小2…今後の長男の成長によっては、可能性はゼロではない!(と信じてる)

中学受験に向けての我が家の答えは「小3からの進学塾(低学年からの先取り学習)はやめる」

中学受験は母のやる気、そして父や兄弟姉妹の理解や協力も必要ですが、家族一丸となるためには何よりも受験する子供本人のやる気がないと始まりません。嫌々勉強させても仕方がありませんよね。

中学受験 低学年 先取り学習

先日、日能研の「全国テスト」と四谷大塚の「全国統一小学生テスト」を受けました。低学年からの先取り学習を見据えて..ではなく、どちらも無料で受けられるので、軽〜〜〜い気持ちでの受験です。

結果はまた別に書きますが一言で言うと、惨敗!!!正直、もう少し出来ると思ってました。トホホ。。

軽い気持ちで受けたテストですが、中学受験をするかどうかは後で考えるとして、低学年からの先取り学習を軽~い気持ちで始めてみても良いかもな~?とふと考え、長男に聞いてみました。

もうそろそろ進学塾に通い始めるお友達もいるよ。中学受験をするかどうかはもっとお兄さんになってから考えるとして取りあえず進学塾行ってみる?行きたい?
長男
勉強も大切だけど、僕はサッカーを頑張りたいな。塾は行かない。

そっか~…これが、いま現在の長男の想いでした。

勉強も大切と思うんなら、もう少しテスト結果に残してくれよー!と心で叫んだけど、しょうがない。これが現実ですね…。長男なりに頑張っているのかもしれないし、今はサッカーを頑張りたい気持ちも分かります。

私は中学受験は最終的には子供の意思を尊重したいと思ってますが、「中学受験とは何か」「そのためには何をしなければいけないか」「通う小学校の受験率の高さ」「中学受験と高校受験の違い」などを説明はしていくつもりです。

今は受験に興味がなくても、もしかしたら、4年生や5年生頃から友達が中学受験に向けて進学塾に通っていることを、難しい問題を解けることを、羨ましく思ったりする日が来るかもしれません。

その日まで、受験に興味がないから~!と、何もせずに過ごして、気付いたときには「時すでに遅し」にならないための準備です。

今回、日能研の「全国テスト」を受けた長男のお友達数人は小3からの通塾を決めましたが、我が家では家庭学習で準備をしていこうと決めました。いつでも本格的な受験勉強をスタート出来るための準備です。

中学受験に向けての「小3からの進学塾(低学年からの先取り学習)」を諦めた理由

我が家はもし小3から進学塾に通うなら、塾の場所や雰囲気や周りの声から「日能研」と考えてます。

日能研の小3クラスの時間と金額

科目と回数 国語と算数 1回/週
時間 各50分。間に休憩10分入れて2教科なら拘束時間2時間30分
入学金 10,800円
授業料 2科目10,260円 / 1科目5,130円

この他に教材費等で2科目8,856円 / 1科目6,480円に、テスト代2科目で16,200円(2月〜6回実施 / 申込制)がかかりますが、あれ?!?!思ったより安い!進学塾ってもっと高いイメージがあったのに!授業料だけみるなら学研教室より2,000円弱高いだけ、公文よりも安いですね。

間口は安くしているのかな。

けれど、夏期講習や冬期講習など、3年生でも別途費用がかかってくるでしょう。通塾を始めると夏期講習、冬期講習などを申し込みたくなると聞きます。

そして、4年生以降は通塾する回数が増えます。

高学年になるとさらに授業時間も増え、学校が休みになると夏期講習だー冬期講習だーとポンポンお金が飛んでいきます。

学年が上がるにつれて、「進学塾ってお金がすごくかかる!」っていうイメージ通りの費用がかかるみたい。

小4では算数・国語・理科・社会の4科目を一年間受け、塾生が受ける有料のテストなども全て受けたとしたら35万円前後かかるようです。夏期講習や冬期講習を受講したら別途費用がかかります。こうなると学研教室や公文とは比較できる金額ではありません。さすが進学塾ですね。小4でこの金額です。小5小6になるとさらに金額は上がります。

ちなみに上記の金額は日能研の場合です。日能研は進学塾の中では安く設定されています。早稲田アカデミーではプラス約10万、サピックス(SAPIX)では約2倍弱かかるようです。

ちなみに、サピックスに通わせていた先輩ママのお話しでは、6年生では100万円以上かかったそうです。すごいですね><

進学塾の曜日が他の習い事とかぶる

長男は大好きなサッカーと曜日がかぶってました。小3は日能研のクラスがまだ少ないので選択肢は他にありません。サッカーを我慢させてまで通わせる意味があるのか?サッカーを我慢してまで通うことに長男が「イエス」というか?

習い事をしていると通塾によって、他の習い事を辞める必要も出てきます。

低学年は応用問題より基礎問題

中学受験
安いから通わせてもよいかな?通っているうちにやる気スイッチがオンされるかも?なーんて考えましたが、小2の長男は今は「基礎学力」をつける時期だと判断しました。学校のテスト結果を見ていると、まだまだ基礎学力に不安があります。そんな長男を進学塾に通わせるのはまだ早い!

中学受験に向けての進学塾への通塾は子供の性格を考える

そして、周りの先輩ママから「男の子は息切れしやすいから早くから受験勉強にとりかかるのが良いとは限らないよ!」と言われたのも辞めた理由の一つ。

軽い気持ちで進学塾へ通わせ始めたとしても、親はついつい塾のペースに流され過度な期待をしてしまうことも…。私はそうなります。苦笑 だって進学塾のスタッフや先生とお話話しすると「その気」になってしまいますから。相手はプロです。親を受験モードにするのなんて簡単簡単!

私はきっと、夏期講習も申し込んでしまうだろうな~。そして塾のテスト結果に一喜一憂して、結果が悪ければ「勉強しなさい!勉強しなさい!」と何度も言ってしまいそうです。。。
中学受験 低学年 先取り学習
小3から受験勉強をスタートすると、小学校6年間のうち4年間も受験に親子で向き合うことになります。長いですね!「男の子は息切れしやすいから早くから受験勉強にとりかかるのが良いとは限らないよ!」この言葉どおりでいくと小5で息切れしそう。

また、低学年からの先取り学習を始めた子の中には、4年生5年生から進学塾に通い始めたお友達に成績を抜かされると一気にやる気がなくなることもあるようです。

その気持ち、分かります。

自分の方が先に通塾してたのに、後からポッと入ってきた子が自分より上のクラスに入ったり、同じクラスで実力の差を見たりしたら、今までの自分の努力は何だったの!って、泣きたくなりますよね。

とはいっても、勉強が好きで基礎学力に心配がなく、かつ、コツコツ努力するタイプのお子さんなら早くから始めるのも良いでしょう。

長男はというと…どちらかというとコツコツ努力するタイプですが、残念ながらサッカーのレッスンを1日減らしてまで受験の4年前からコツコツ努力するタイプではありません。

これが我が家が「小3からの進学塾(低学年からの先取り学習)」を諦めた理由です。

なので基礎学力をつけるために「学研教室」は継続して、サッカーは今までの回数を減らさず、空いている時間で「中学受験に向けての勉強」に通信教育で取り組むことにしました。

参考公文?ECC算数?小2の長男は学研教室に決めました!

スポンサーリンク

中学受験準備はタブレット学習で!東大生サポート付きのRISU(リス)算数を体験しました!

RISU算数
コンパクトに箱に入って送られてきました。30㎝のものさしを置いてます。大きさ分かってもらえるかな?

中学受験準備を通信教育でしようと思ったものの、通信教育ってたくさんあります。Z会、スマイルゼミ、進研ゼミ、どらゼミ、ポピー…たっくさんあります。検索をしてみると、あれがいい!これがいい!人それぞれ良いといっているものが違います。

そりゃあそうですよね。私は勉強するための参考書を買うときカラフルなものを選びますが、文字数の多い2色刷りのものが好きな人もいますよね。大人でも好みがあるのと一緒で、子供にも好みがあります。同じカラフルでも、何となくこっちが好き!などの好みもあります。

東大生サポート付きのRISU(リス)算数を選んだ理由

長男は楽しく勉強がしたいタイプです。送られてくる教材をコツコツ進めていくタイプではないです。

そんな長男にはタブレット学習が向いてるかな?と思って長男に聞いてみました。

タブレットで勉強してみる?
長男
タブレット?!わーーーーーー楽しそう!したい、したい!

興味津々!ゲームをする感覚なのかな?と少し不安に思ったけれど、まずは興味を持たないことには始まらないのでオッケー!送られてくるタブレットは算数の勉強以外には使用できなくなっているので安心です。

タブレット学習も色々ありますが、そんな中でも算数に特化した東大生サポート付きのRISU(リス)算数というタブレット教材があるのを知り、試してみることにしました。

ともままの限定!RISUの1週間お試し利用はこちらから!

RISU(リス)算数を選んだ理由

RISU算数

私がRISU(リス)算数を試してみようと思った一番の理由は「算数に特化している」からです。

長男はサッカーは週6、他にも学研教室にECCジュニアに通っています。今回の通信教育はこれらを辞めずにプラスするので時間が限られてます。

そうなると、何が必要か?子供が何を勉強したいか?これが大切!

中学受験には国語がとても大切と言われてます。長文読解や記述することが求められているからです。算数の問題も文章の読解が必要だったり、どの科目も国語力は必要です。じゃ~国語をやらせた方が…と思われそうですが、長男は国語より算数の方が好きなんです。

最初からあれこれ欲張ってやらせるよりも、好きな教科から始めてみることにしました。

算数が得意になれば、苦手な国語を勉強する余裕も出てくるでしょう。

その大好きな算数に特化したタブレット学習がRISU(リス)算数だったんです。さすが算数専門だけあって、問題がよくできています。算数が苦手な子でも楽しく学習できるように工夫もされています。算数が得意な子はより算数が好きになる、それだけじゃなくて勉強そのものが好きになる工夫がされています。

おまけにRISUの教材の一学年分には国語の教科書1年分の文章量が入っているそう。応用問題が豊富で、考えないと式がつくれない問題がたっぷりで国語も伸びる工夫がされています!

楽しく算数を学んでいたら、気付いたら算数の成績が上がった!算数が(より)好きになった!勉強が好きになった!国語も伸びた!

こうなれば最高ですよね!

試して分かった、タブレット学習RISU(リス)算数の魅力!

次に実際に試してみて感じた、タブレット学習RISU(リス)算数の魅力です。

算数の習熟度によって学習内容が決まる、無学年学習!

RISU
教材が届くと、まずはメールアドレスやwifiの設定をしたり、チュートリアルで学習の進め方を確認します。これはあっという間に終わります。

RISU

これが終われば、現在の子供の算数の習熟度を見るテストをします。このテストはやり直しが出来ません。それを知ってから横で見ている私は緊張!子供はそんな私の緊張も知らずにマイペース!時折、うっかり画面を触ってしまって間違えていました。

RISU

テスト終了後には、先取り学習をしていない長男には学年相応のレベルの学習内容が表示されました。足し算、引き算、時間…など、単元ごとに表示され、その中から自分で選択して学習を進めます。

東大生の先生のサポートがある

東大生や早慶生の先生から時々、学習のフォローのビデオレターが届きます。

最初、長男は東大生って何?状態でした。笑 聞かれたので「お勉強のよく出来る、お勉強がとても得意なお兄さんお姉さんだよ!」と説明しました。

自分の勉強をしっかり誰かが見ていてくれてる!これがとても嬉しいようで、何度も観ていました。タブレット学習は単調になるのが心配でしたが、先生からのメールが届くことが良い刺激になっています。
RISU
集中力のない長男が集中してる!とっても珍しいことです。笑

ともままの限定!RISUの1週間お試し利用はこちらから!

苦手な問題のフォローが万全

長男は、時計は早くから理解していました。
そのため、時間の問題は得意かと思っていたら、どうもよく間違えているようです。得意だと思っていたのでとても意外でしたが、そんな苦手な問題は即座にキャッチされフォーローされます。間違いやすい問題は、ピンポイントのレッスン動画で即解消されるんです。

算数は一度つまづき出すと、どんどん置いていかれて次第に算数嫌いになってしまうと言われています。けれど苦手な問題に対してフォーローが万全なので安心です。これってすごく大切ですよね!

学習中は子供が飽きない工夫がされていて楽しく勉強できる

RISU
問題に正解すると、音と画像で正解をお知らせしてくれます。目と耳で子供が飽きないように工夫されているんです。

RISU
商品はこの他にもたくさん用意されています。

そして問題を解くと「がんばりポイント」がもらえ、このがんばりポイントは貯めると商品などと交換できます。この他に「鬼チャレンジ」といっていつもより難しい問題が出されることがあります。

弱い敵ばかりだと慣れてしまって段々モチベーションが下がるけれど、強い敵がくると俄然やる気がアップします!絶対たおしてやる!とムキになる=集中して問題を考えているようです。

楽しみながら勉強できる工夫だけでなく、子供を集中させる工夫もされているんです。

ともままの限定!RISUの1週間お試し利用はこちらから!

保護者に子供の学習状況のお知らせメールが送られてくる

保護者がずっと見ているわけにはいかないし、我が家は共働きなので私がいない時でも空いている時間には自主的にして欲しいです。けれど、きちんと勉強しているのか?心配になりますよね。

RISUは心配不要です!子供の学習状況の報告が最初に登録したメールアドレスに届きます。

本当は勉強していないのに、「きちんとしてるよ!」なんて嘘はバレます。笑

ともままの限定!RISU算数、1週間お試しキャンペーン

我が家の長男はRISU算数がとても気に入っています。ただ、試してみないとお子さんに合うかどうか?分かりませんよね。興味はあるけど、どうしようかな~?なんて、悩んでいる方のために耳寄り情報!

通常申し込みでは、即お申し込みになる(1年間の契約)ところ、ともままの経由で申し込みされた場合は特別に、RISU算数を1週間お試しで利用していただけます!

お試し後にそのまま本契約するとお試し利用料(1980円+税)は無料になります。RISUの良さは1週間あればじゅうぶんに分かってもらえると思います。また、ご満足できなかった場合は1週間以内の返品OKなので安心です。

RISUの学習システムはとにかく至れり尽くせりでよく考えられてます。
本契約が1年間契約なのも、RISUで一緒に1年間がんばろうね!全力でお手伝いするよ!の気持ちと私は感じています。

とはいってもお子さんとRISUの相性は確認したいですよね。まずは1週間体験してみませんか?

ともままの限定!RISUの1週間お試し利用はこちらから!








こちらの記事も合わせて読みたい