中学受験は必要?低学年から先取り学習?小2で中学受験について考える②

中学受験

我が家は近所の公立中学校に魅力も感じつつ、都立の中高一貫校の受験も考えています。また、私立の中高一貫校も学費が何とかなれば視野に入れたいと思っています。

参考中学受験は必要?低学年から先取り学習?小2で中学受験について考える①

今の長男の学力はごくごぐ普通..平均レベルです。行かせたい都立の中高一貫校の偏差値は60台後半。かなり無謀!もしこの先、経済的に私立に行かせてあげられるようになったとしても、偏差値60くらいは狙いたいところ。でも今の学力じゃね〜といったところです。

けれど、まだ小2…今後の長男の成長によっては、可能性はゼロではありません。(と信じてる)

中学受験に向けての我が家の答えは「小3からの進学塾(低学年からの先取り学習)はやめる」

中学受験は母のやる気、そして父や兄弟姉妹の理解や協力も必要ですが、家族一丸となるためには何よりも受験する子供本人のやる気がないと始まりません。嫌々勉強させても仕方がありません。

中学受験 低学年 先取り学習

先日、日能研の「全国テスト」と四谷大塚の「全国統一小学生テスト」を受けました。低学年からの先取り学習を見据えて..ではなく、どちらも無料で受けられるため軽〜〜〜い気持ちでの受験です。結果はまた別に書きますが一言で言うと、惨敗!正直、もう少し出来ると思ってました。

軽い気持ちで受けたテストですが、中学受験をするかどうかは後で考えるとして、低学年からの先取り学習を軽い気持ちで始めてみても良いかも?とふと考え、長男に聞いてみました。

もうそろそろ進学塾に通い始めるお友達もいるよ。中学受験をするかどうかはもっとお兄さんになってから考えるとして取りあえず進学塾行ってみる?行きたい?
長男
勉強も大切だけど、僕はサッカーを頑張りたいな。塾は行かない。

これが、いま現在の長男の想いでした。勉強も大切と思うならもう少しテスト結果に残してくれよー!と心で叫びましたが、しょうがない。これが現実…長男なりに頑張っているのかもしれませんね。今はサッカーを頑張りたい気持ちも分かります。

私は中学受験は最終的には子供の意思を尊重したいと思ってますが、「中学受験とは何か」「そのためには何をしなければいけないか」「通う小学校の受験率の高さ」「中学受験と高校受験の違い」などを説明はしていくつもりです。

もしかしたら、4年生や5年生頃から友達が中学受験に向けて進学塾に通っていることを、難しい問題を解けることを、羨ましく思ったりする日が来るかもしれません。何もせずに過ごしていると気付いたときには「時すでに遅し」ですから。

今回、日能研の「全国テスト」を受けた長男のお友達数人は小3からの通塾を決めましたが、我が家では家庭学習で準備をしていこうと決めました。いつでも本格的な受験勉強をスタート出来るための準備です。

中学受験に向けての「小3からの進学塾(低学年からの先取り学習)」を諦めた理由

我が家はもし小3から進学塾に通うなら、塾の場所や雰囲気や周りの声から「日能研」と考えてます。

日能研の小3クラスの時間と金額

科目と回数 国語と算数 1回/週
時間 各50分。間に休憩10分入れて2教科なら拘束時間2時間30分
入学金 10,800円
授業料 2科目10,260円 / 1科目5,130円

この他に教材費等で2科目8,856円 / 1科目6,480円に、テスト代2科目で16,200円(2月〜6回実施 / 申込制)がかかりますが、あれ?!?!思ったより安い!進学塾ってもっと高いイメージがあったのに!授業料だけみるなら学研教室より2,000円弱高いだけ、公文よりも安いですね。

間口は安くしているのかな。

しかし、夏期講習や冬期講習など、3年生でも別途費用がかかってくるでしょう。通塾を始めると夏期講習、冬期講習などを申し込みたくなると聞きます。

そして、4年生以降は回数も増えますし、高学年になると授業時間も増え、さらに夏期講習だー冬期講習だーとポンポンお金が飛んでいきます。学年が上がるにつれてイメージ通りの費用がかかるみたい。小4で算数・国語・理科・社会の4科目を一年間受け、塾生が受ける有料のテストなども全て受けたとしたら35万円前後かかるようです。夏期講習や冬期講習を受講したら別途費用がかかります。こうなると学研教室や公文とは比較できる金額ではありません。さすが進学塾ですね。

ちなみに上記の金額は日能研の場合です。日能研は進学塾の中では安く設定されています。早稲田アカデミーではプラス約10万、SAPIXでは約2倍弱かかるようです。

小4でこの金額です。小5小6になるとさらに金額は上がります。

進学塾の曜日が他の習い事とかぶる

長男は大好きなサッカーと曜日がかぶってました。小3は日能研のクラスがまだ少ないため選択肢は他にありません。サッカーを我慢させてまで通わせる意味があるのか?サッカーを我慢してまで通うことに長男が「イエス」というか?

習い事をしていると通塾によって、他の習い事を辞める必要も出てきます。

低学年は応用問題より基礎問題

中学受験
安いから通わせてもよいかな?通っているうちに勉強魂に火がつくかも?なーんて考えましたが、小2の長男は今は「基礎学力」をつける時期だと判断しました。学校のテスト結果を見ていると、まだまだ基礎学力に不安があります。そんな長男を進学塾に通わせるのはまだ早い!

中学受験に向けての進学塾への通塾は子供の性格を考える

そして、周りの先輩ママから「男の子は息切れしやすいから早くから受験勉強にとりかかるのが良いとは限らないよ!」と言われたのも辞めた理由の一つ。

軽い気持ちで進学塾へ通わせ始めたとしても、親はついつい塾のペースに流され過度な期待をしてしまうのではないでしょうか。私はそうなります。苦笑 だって進学塾のスタッフや先生とお話話しすると「その気」になってしまいますから。相手はプロです。親を受験モードにするのなんて簡単簡単!

私はきっと、夏期講習も申し込んでしまいます。そして塾のテスト結果に一喜一憂し、結果が悪ければ「勉強しなさい!勉強しなさい!」と何度も言ってしまいそうです。
中学受験 低学年 先取り学習
小3から受験勉強をスタートすると、小学校6年間のうち4年間も受験に親子で向き合うことになります。長いですね!「男の子は息切れしやすいから早くから受験勉強にとりかかるのが良いとは限らないよ!」この言葉どおりでいくと小5で息切れしそう。

また、低学年からの先取り学習を始めた子の中には、4年生5年生から進学塾に通い始めたお友達に成績を抜かされると一気にやる気がなくなることもあるようです。その気持ち、分かります。

基礎学力に心配がなく、かつ、コツコツ努力するタイプのお子さんなら早くから始めるのも良いでしょう。

長男はどちらかというとコツコツ努力するタイプですが、残念ながらサッカーのレッスンを1日減らしてまで受験の4年前からコツコツ努力するタイプではありません。

これが我が家が「小3からの進学塾(低学年からの先取り学習)」を諦めた理由です。

基礎学力をつけるために「学研教室」は継続し、サッカーは今までの回数を減らさず、空いている時間で「中学受験に向けての勉強」に通信教育で取り組むことにしました。こちらはまたの機会に!

参考公文?ECC算数?小2の長男は学研教室に決めました!

※今回の記事では6学年を2つに分けて小1〜小3を低学年、小4〜小5を高学年と分けて考えました。3つに分ける場合は小3小4は中学年になります。








こちらの記事も合わせて読みたい



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA