【マンション売却】自宅(マンション)がなかなか売れないときは価格設定に問題があるのかも?後悔しない売却価格の決め方

マンション売却

不動産会社を変えたことで半年間売れなかった我が家がたったの2週間で売却できました。

前回は一週間前の投稿…疲れがたまっているのか、売却できた今でも、ブログを見る元気がまだあまりありません。それくらいマンションを売却するのは大変です。疲れます。

>【マンション売却】半年かかって売れなかった自宅(マンション)がたった2週間で売れた訳

前回、不動産がなかなか売れない場合の理由として、

  1. 不動産会社に問題がある
  2. 価格に問題がある
  3. 物件に問題がある

と書き、我が家の「不動産会社に問題がある」についてご紹介しましたが、価格に問題があるについても考えてみました。

物件の価格に問題がある場合

売却価格
我が家は不動産会社に問題がありましたが、それとともに最初の価格設定にも問題がありました。不動産会社に問題がある場合、価格の設定にも問題を及ぼす場合があります。

我が家の売却価格設定の間違え

当初お願いしていた不動産会社の担当者を信頼していたため、価格の設定もお任せしていました。

「この金額のラインと少し下げたこちらどちらからスタートしますか?」という事は聞かれました。そして設定したのですが、どちらにしても高すぎたんです。そもそものスタートラインを大きく間違えていました。

価格を設定する場合、少し高めに設定するのは普通です。交渉に入った際に少し下げて契約に結びつけることも想定しなければいけませんから…。しかし、そのレベルではなく高すぎる場合は問題です。

我が家の場合、スタートラインがあまりにも高すぎたため、その後売れずに下げてもまだ高いといった状態。高くても売る自信のある営業マンなら良かったですが、そうでもなく…。これでは売れません。内見に来てくれる方も数人です。

高すぎるスタートは悪循環の始まり

売る側は少しでも高く売りたいと思います。買う側は少しでも安く買いたいと思います。これは当たり前ですよね。

高く設定→売れない→下げる→売れない→下げる

この過程を見ていたら買う側は「もっと下がるんじゃない?」と思うのではないでしょうか。私はそう思います。安く買いたいですから!

どうやって価格を決めるのか

我が家は不動産会社を変えようと思った時に一括検索サイトで査定してもらいました。これは本格的に売却活動を始める前に一度はした方が良いです。売却価格設定の目安になりますし、その中で良い不動産会社に出会える場合もあります。私は、どうして今までしなかったのか?と後悔しました。

そして、あともう一つ、自宅の最寄駅などで売買を行っている気になる不動産会社があれば、査定をお願いすることをおすすめします。

  • いざ内見にきてもらった時に地域の良さも売り込んでもらえる
  • 売却できたときの手続きなどが近い方が便利
  • 地元のお客さんを持っている

何社か来てもらって査定をしてもらい、その中でも誠実な不動産会社を選びましょう。

設定価格の理由を確認しましょう

価格が提示されたら「その金額になった理由」もしっかり説明してもらいましょう。想定金額より安いなら、その理由は?想定金額より高いなら、その理由は?

金額を出す場合、周辺の売買金額の状況や実際の室内の状態を見て査定されると思いますが、その金額が各社大きく違う場合があります。

想定金額より安い場合は、高く売りたい気持ちが強すぎるのかもしれません。営業マンが確実に早く売りたいために安く言っているだけかもしれません。想定金額より高い場合は、出来る営業マンなら経験からの自信があるからかもしれません。我が家のように何の根拠もないのかもしれません。

来てもらっても契約する必要はありません。一旦帰ってもらい、何度も家族会議です!半年間売れなかったときに、これをまず最初にすれば良かったと本当に後悔しました。

間違った売り出し価格を設定しないためにするべきこと

  • 何社か査定にきてもらう
  • なぜその金額になったのか理由を聞く
  • もしその価格で売れなかったときの売却活動の流れを確認する

こうみると、正しい売却価格の設定には不動産会社選びが大切ですね!不動産はタイミングもありますが、営業マンによって何百万円も価格が変わると思います。適正価格でも売れない営業マンもいれば、少し高くても売れる営業マンもいます。

最初の価格設定はとても大切です。そのためには不動産会社選びがとても大切です。どうぞ、正しい選択をして、売却活動を行ってくださいね!そして、最初の価格設定も不動産会社選びも間違えて既に売れなくて困っている方も諦めないでください!我が家のように素晴らしい不動産会社さんに出会って軌道修正できることもありますから!








こちらの記事も合わせて読みたい